2019年04月11日

新しい超音波診断装置を導入しました

洛和会音羽記念病院では、3月26日(火)よりPHILIPS社製の超音波診断装置「Affiniti70」を導入しました。
この装置は高い画質を実現する機能を搭載しただけではなく、従来モデルに比べて軽量化されており、透析室や病棟、手術室の術中エコー検査などさまざまな場所での検査が容易になります。

190408_kinen_02.jpg

以前の装置と比べて、飛躍的に診断しやすいきれいな画像で見ることができるようになり、シャント手術前の血管状態の情報をより多く得ることが可能です。

190408_kinen_01.jpg

190408_kinen_03.jpg

洛和会音羽記念病院での定期検査である心臓エコー、腹部エコー検査やシャントトラブルの際の血管エコー検査において活躍が期待されます。

臨床検査部としても臨床の現場により良い検査結果を提供できるように努めたいと思います。

カテゴリー:洛和会音羽記念病院 | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

医療法人社団洛和会が厚生労働省「えるぼし」制度で、最上位の三つ星に認定!

nintei.jpg

医療法人社団洛和会が厚生労働省が推進する「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」にもとづき、女性の活躍推進に関する取り組みが優良な企業として、2019年2月1日付で医療機関として京都府初の認定マーク「えるぼし」の最高位(3段階目)を取得しました。


「えるぼし」認定は、厚生労働省が定める5つの評価項目(「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」)のうち、認定基準を満たす項目数に応じて3段階で評価されます。

lboshi.jpg

評価項目の要約

評価項目1男女別の採用における競争倍率が同程度であること
評価項目2女性の労働者の平均継続勤務年数÷男性労働者の平均勤務年数が雇用管理区分ごとにそれぞれ0.7以上であること
評価項目3雇用管理区分ごとの労働者の法定時間外労働及び法定休日労働時間の合計時間数の平均が、直近の事業年度の各月ごとに全て45時間未満であること
評価項目4管理職に占める女性労働者の割合が別に定める産業ごとの平均値以上であること
評価項目5直近の3事業年度に、以下について大企業については2項目以上中小企業については1項目以上の実績を有すること
  • 女性の非正社員から正社員への転換
  • 女性労働者のキャリアアップに資する雇用管理区分間の転換
  • 過去に在籍した女性の正社員としての再雇用
  • おおむね30歳以上の女性の正社員としての採用

認定理由はほかにも、「業務量の見直しにおける時間外労働の削減」「社内報におけるロールモデルの紹介」「仕事と育児の両立支援の加速化」などがあります。
当会は今後も生き生き輝く女性(Lady )を応援します!


カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

ゴールデンウィークの外来診療と救急診療のお知らせ

洛和会丸太町病院洛和会音羽病院洛和会音羽記念病院洛和会音羽リハビリテーション病院洛和会東寺南病院のゴールデンウィークの外来診療は下記の通りです。
ご不便をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

【洛和会丸太町病院】
2019年5月2日(木)救急・総合診療科ペインクリニック外来のみ、外来診療を行います。
2019年4月28日(日)〜5月1日(水)・5月3日(金)〜6日(月)は休診です。
※救急は24時間365日対応しています。
※巡回バスは5月2日(木)のみ運行いたします。
※5月7日(火)から、通常通りの外来診療を行います。

※詳しくはお問い合わせください。

洛和会丸太町病院 >

075(801)0351(代)


【洛和会音羽病院】
2019年4月30日(火)・5月2日(木)は診療いたします。
2019年4月28日(日)・29日(月)・5月1日(水)・3日(金)〜6日(月)は休診です。
※救急の内科・外科については、通常通り24時間対応しています。
※夜間救急小児科については下記をご確認ください。
夜間救急小児科について >

洛和会音羽病院 >
075(593)4111(代)


【洛和会音羽記念病院】
2019年4月29日(月)〜5月4日(土)・6日(月)の透析外来は通常診療いたします。
日曜日は休診です。

洛和会音羽記念病院 >
075(594)8010(代)


【洛和会音羽リハビリテーション病院】 
2019年4月30日(火)・5月2日(木)整形外科脳神経内科の予約診療のみになります。
2019年4月28日(日)・29日(月)・5月1日(水)・3日(金)〜6日(月)は休診です。

※ご予約のお問い合わせは下記の連絡先までお電話ください。

洛和会音羽リハビリテーション病院 >
075(581)6221(代)


【洛和会東寺南病院】 
2019年4月29日(月)〜5月4日(土)・6日(月)の透析外来は通常診療いたします。
日曜日は休診です。

洛和会東寺南病院 >
075(672)7500(代)

カテゴリー:お知らせ | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

洛和会ヘルスケアシステムのグループホーム職員による第1回「認知症患者対応研修会」が開催されました

3月14日(木)、洛和会音羽記念病院透析センター職員を対象に法人内洛和グループホーム醍醐春日野 課長の高岸 由美子と洛和グループホーム勧修U番館 主席係長の狩谷 恵による認知症研修が行われました。

透析患者の高齢化に伴って認知症を有する患者さんの数も年々増加しており、透析センターでは、どのような対応が良いのか日々頭を悩ませていました。

当日は、透析センタースタッフ35人(看護師・臨床工学技士・ナースパートナー・クラーク)が参加しました。研修では、認知症の症状や行動・心理状態について学びました。「患者さんは自分の鏡である」。患者さんの思いを理解しようとする気持ちが大切であり、患者さんと向き合うことの大切さが分かり、認知症に対して理解を深める良い機会となりました。また、活発な意見交換もでき、大変有意義な時間となりました。

洛和会ヘルスケアシステムは、法人内の人材を共有することで、効率的で質の高い医療と介護の提供に努めていきます。洛和会音羽記念病院は今後も透析医療を中心に医療介護連携の強化を図り、認知症があっても住み慣れた地域で可能な限り生活できるように支援していきます。

認知症研修の様子

認知症研修の様子

認知症研修の様子

カテゴリー:洛和会音羽記念病院 | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

小学生が考えた標語の交通安全看板を寄贈

3月15日(金)に京都市立朱雀第二小学校で交通安全看板の贈呈式が行われ、洛和会丸太町病院 院長の細川 豊史、管理部長の疋田 健、地域連携課のスタッフが参加しました。

交通安全看板は、少なくとも10年以上前から朱二自治連合会および交通安全ボランティアからの依頼で設置していましたが、今回は老朽化した看板を付け替えるにあたり、朱雀第二小学校の3年生の児童たちが考案した標語を採用しました。

贈呈式では院長の細川と管理部長の疋田から標語を作った児童に看板が手渡され、児童代表や関係者の皆さんからお礼の言葉を頂きました。

「子どもたちに安全に通学してもらいたい」という思いは、児童の保護者の皆さんはもちろん、小学校の先生方や『朱二安心・安全みまもりたい』の皆さんなど、地域で暮らす方々の共通の願いでもあります。そんな大人たちの思いや願いが詰まった交通安全看板を、丸太町通りや七本松通りの通学路に設置することで、同院が地域の皆さんの安全を守るお手伝いに少しでも貢献できれば幸いです。

同院は地域に根差した急性期病院として、今後も地域の皆さんの安心・安全な暮らしに寄り添った活動を継続いたします。
190320kotsuanzenkanban.jpg

カテゴリー:洛和会丸太町病院 | 更新情報をチェックする