2017年04月26日

洛和会ヘルスケアシステム各病院の「こいのぼり」

4月21日、洛和会ヘルスケアシステムの各病院前の空に、今年も「こいのぼり」が泳ぎだしました。

170421marutamachihp.jpg

170421otowahp.jpg

170421kinenhp.jpg

170421otowarehahp.jpg

170421tojiminamihp.jpg

こどもの日をはさむ5月10日ごろまでは上っていますので、お近くに立ち寄られた際は、どうぞ空を見上げてみてください。
カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

中京警察署による新入職員のための防犯研修を開催

洛和会丸太町病院では、2017(平成29)年度新人採用者研修において、中京警察署 生活安全課にご協力いただき、犯罪被害に遭わないために普段の生活で気をつけること、犯罪被害にあった際の対処法についての研修を行いました。犯罪被害について考え、襲われた際にどのように対応するのか護身術を伝授いただきました。

17041001.jpg

17041002.jpg

17041003.jpg 17041004.jpg

また、平安なでしこ交番(24時間女性警察官が対応する交番)について説明を受け、中京警察署管内の3交番(御前松原交番・四条大宮交番・二条駅前交番)が指定交番であり、女性や子どもが相談しやすい交番であることを教えていただきました。

17041005.jpg 17041006.jpg

今後とも、京都府警・中京警察署と協力して、地域の安全確保、職員の安全確保に取り組んでまいります。
カテゴリー:洛和会丸太町病院 | 更新情報をチェックする

洛和会丸太町病院主催 運動器カテーテル治療の勉強会を開催 〜第一人者 奥野裕次先生をお迎えし〜

kate_dr.jpg運動器カテーテル治療の第一人者である、江戸川病院 運動器カテーテルセンター 奥野 祐次先生をお迎えし、4月6日に洛和会丸太町病院主催の勉強会を行いました。勉強会では最新の治療法である「運動器カテーテル治療」について奥野先生にご講演いただきました。会場の京都アスニー(京都市中京区)には、中京西部医師会の開業医や一般の方など約60人がお越しになり、熱心に耳を傾けられました。

【運動器カテーテル治療とは】
肩・膝・肘などの運動器の3カ月以上続く「ジンジン」「ズキズキ」「チクチク」痛む場合、多くは新しくできた細い病的血管の発生が原因であることがわかってきました。それとともに未熟な神経も増え、痛みを引き起こしています。運動器カテーテル治療では、その血管に専用の薬剤を流し込んで詰まらせ、今まで治らなかった痛みを改善させることができます。

kate.jpg

洛和会丸太町病院 洛和会京都血管内治療センター・心臓内科でも運動器カテーテル治療を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:洛和会丸太町病院 | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

医療関係者向け講演会 モストグラフ開発の第一人者 黒澤一先生による「呼吸を学んで活かす 〜呼吸生理からリハビリテーションへ〜」

2017(平成29)年6月23日(金)に、東北大学 環境・安全推進センター教授の黒澤一先生をお招きして、医師・検査技師・看護師・理学療法士などを対象とした、講演会を行います。
多数の皆さまのご参加をお待ちしております。


kouenkai_0623.jpg◆テーマ
呼吸を学んで活かす
〜呼吸生理からリハビリテーションへ〜
◆対象
医師・検査技師・看護師・理学療法士などの医療関係者の方
◆日時
2017(平成29)年6月23日(金)
午後5時30分〜午後6時:モストグラフの実地指導
午後6時〜午後7時:講演会
◆場所
洛和会音羽病院 C棟 1階 講義室(⇒交通アクセス
(〒607-8062 京都府京都市山科区音羽珍事町2)
◆講師
東北大学 環境・安全推進センター教授
(東北大学大学院 医学系研究科産業医学分野教授を併任)
黒澤一先生
◆参加費
無料
◆お問い合わせ
洛和会音羽病院 医療経営戦略部 松原
TEL:075(593)4111(代)
※お申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
カテゴリー:セミナー・講演会情報 | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

らくわ健康教室「はじめての介護保険 〜知ってて安心 ポイント整理〜」

2016年7月13日開催のらくわ健康教室は、「はじめての介護保険 〜知ってて安心 ポイント整理〜」と題して、洛和会医療介護サービスセンター四条西洞院店 係長 介護支援専門員 戸島 智子(とじま ともこ)が講演しました。 

概要は以下の通りです。

lecture.jpgはじめに
本日は、急に介護が必要になった時のために、介護保険の申請から介護サービスの利用まで、在宅で受けられるサービスを中心にお話しします。

そもそも介護保険とは?
高齢者の尊厳の保持と自立支援を目的に、介護を社会全体で支える仕組みとして2000(平成12)年から始まりました。財源は、40歳以上の国民が支払う介護保険料が半分、国や自治体が負担する公費が半分です。介護保険が利用できる人は、65歳以上で介護が必要な状態にある人と、40〜64歳で国が定める16種類の疾病が原因で介護・支援が必要な人です。費用の1割または2割を支払うことで介護サービスが受けられます。
160713戸島係長_01.jpg

誰に、どこに相談したらいい?
介護サービスの相談、申請の窓口になっているところです。
  1. 市町村の介護保険課
  2. 地域包括支援センター
  3. 病院の医療相談室(地域連携室)
  4. 近隣の居宅介護支援事業所
などです。
2、3、4は、申請の代行も依頼できます。2、4は、ご自宅にも来てもらえます。

要介護・要支援の申請をする
相談窓口で教えてくれた書類を用意して申請(申請代行)します。申請が受理された後、調査員による訪問調査があり、身体機能や生活機能、認知機能など74項目の聞き取りが行われます。できたらご家族も立ち会って、ありのままの状態をお知らせください。 調査結果と主治医の意見書を基に、専門家による認定審査会が開かれ、認定結果が下ります。申請から判定が出るまで、おおむね30日程度かかります。判定は、非該当の方を除くと要支援1・2、要介護1〜5の7段階に分かれます。

介護保険サービスの利用
要介護認定が下りたら、ケアマネジャー(介護支援専門員=ケアマネ)を選んで契約し、ケアプラン作成からサービス利用開始に進みます。
ケアマネは、介護を支援する専門職です。介護保険を利用する際のアドバイスや、各種手続きの代行、関係機関との連絡調整、サービスの追加や変更も担当します。ケアマネは、上記の相談、申請窓口や、各種介護施設などにいます。ケアマネと契約することによる利用者負担はありません。
160713戸島係長_02.jpg

介護保険で利用できるサービス
サービスは、
  1. 自宅で利用できるサービス
  2. 自宅から通って受けるサービス
  3. 自宅から通ったり来てもらったりするサービス
  4. 入所(入居)して受けるサービス
の4種類に大別されます。各サービスの詳細は、以下のとおりです。
160713戸島係長_02.jpg160713戸島係長_03.jpg160713戸島係長_04.jpg 

自宅でサービスを受ける
以下、自宅で受けられる各種サービスを紹介します。費用や品目、対象者などの詳細は、京都市が発行している「高齢者のためのサービスガイドブック すこやか進行中!」をご参照ください。

訪問介護
身体介助と生活援助が主な内容です。身体介助には、食事や排せつ、入浴介助や、起床・就寝介助、買い物同行、通院などの乗降介助などがあります。生活援助には、日常の家事全般が対象ですが、庭の草むしりなど、依頼できない介助がありますので、注意が必要です。

訪問入浴
看護師と介護職員の計3人がご自宅に伺い、持参した浴槽で入浴していただきます。ご自宅の浴室の構造や体調などで入浴ができない方に、安心してお風呂を楽しんでいただけます。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護
要介護者を対象に、24時間体制で訪問看護や訪問介護サービスを提供します。定期巡回は事前に予定を決めて行います。随時訪問は、事業所が緊急通報端末をご利用者にレンタルし、端末ボタンを押して依頼するものです。訪問時間を夜間(午後6時〜午前8時)に限った、夜間対応型訪問介護もあります。

訪問看護
看護師が定期的にご自宅を訪問します。主治医による訪問看護指示書が必要で、病状や病名によって、介護保険を利用する場合と医療保険を利用する場合があります。医師の指示に基づき、病状・体調の管理や、薬の管理、医療処置、排泄・入浴介助などを行います。

訪問リハビリテーション
理学療法士や作業療法士などがご自宅でリハビリを行います。主治医による指示書が必要で、外来リハビリと併用はできません。「何に困って、何ができるようになりたいか」目標を持って、リハビリに取り組むことが大事です。

居宅療養管理指導:医師や薬剤師、歯科医師などがご自宅を訪問し、指導や助言を行います。通院困難な人向けのサービスで、指導や助言は介護保険で、治療や診察は医療保険でカバーされます。

福祉用具貸与(レンタル)
介護用品をレンタルできます。福祉用具の専門相談員や、ケアマネと相談しながら用具を選定します。要支援と要介護1の人は原則、車いすや特殊寝台、移動用リフトなどは借りられません。

福祉用具購入
入浴用具・排泄用具などの衛生品で、貸与になじまない福祉用具について、購入費の9割または8割分が支給されます。年間10万円まで使うことができます。10万円を超えた分は自己負担となります。

住宅改修
20万円までの住宅改修に介護保険が使えます。超えた分は自己負担となります。対象となる工事は「すこやか進行中」で確認してください。市町村など保険者に申請し、許可を受ける必要があるので、改修前に住宅改修を請け負っている業者やケアマネと相談し、見積もりなどの申請書類を作成してもらいます。改修後にも保険者に事後申請を行います。
160713戸島係長_06.jpg

自宅から通ってサービスを受ける
通所介護(デイサービス)や通所リハビリテーション(デイケア)、認知症対応型通所介護、ショートステイなどがあります。
160713戸島係長_05.jpg160713戸島係長_06.jpg160713戸島係長_09.jpg
認知症対応型通所介護は、認知症の人に特化したデイサービスで、認知症の診断が必要です。
ショートステイには、生活介護と療養介護があり、短期間宿泊し、身の回りの世話が受けられます。療養介護は、医療的なケアやリハビリなど、医学的配慮が必要な方に適しています。

自宅から通ったり来てもらったりしてサービスを受ける
小規模多機能型居宅介護と、看護小規模多機能型居宅介護がこのサービスです。小規模多機能型居宅介護では、通い、宿泊、訪問介護を組み合わせたサービスが受けられます。この小規模多機能型居宅介護と訪問看護を組み合わせたのが看護小規模多機能型居宅介護です。各施設にいる専任のケアマネがプランの作成にあたります。

介護サービスの利用料
サービス料の負担割合は、1割または2割です。要介護度によって、利用可能な金額が異なります。利用限度額を超えた分は、自己負担となります。介護保険施設などでの食費、居住費などは原則実費負担となるため、注意が必要です。介護保険課に申請して「負担限度額認定証」を交付してもらうと、所得などに応じて食費、居住費の負担が軽減されます。また、介護保険の負担が高額になったとき、申請により、超えた分が払い戻しになります。詳細は「すこやか進行中!」をご参照ください。
160713戸島係長_10.jpg

こんなときは
サービスや計画は、何度も修正可能です。ケアマネなどの専門家に要望を伝えながら、ご希望に合ったサービスを受けてください。必要な改善がなされない場合やトラブルが起きた場合は、サービス事業者の窓口や、ケアマネ、保険者、地域包括支援センター、国民健康保険団体連合会(国保連)などにご相談ください。契約書にも苦情相談窓口などが記載されています。

カテゴリー:らくわ健康教室 | 更新情報をチェックする