2017年06月22日

洛和音楽クラブが第10回かやぶき音楽堂 デュオコンクール本選に出場!

6月17日(土)に洛和音楽クラブに所属している洛和会京都下肢創傷センター センター長で医師の松原邦彦と洛和会京都音楽療法研究センターの和田が、京都駅室町小路広場で開催された「2017年 第10回かやぶき音楽堂ピアノデュオコンクール 本選出場者による公開コンサート」に出場し、ピアノ連弾を披露しました。4月22日の公開予選で演奏したメンデルスゾーン作曲の無言歌集第26番op.62-2「出発」とアストル・ピアソラ作曲(山本京子編曲)「アレグロ・タンガービレ」の2曲を演奏しました。

piano01.jpgpiano02.jpg

その翌日には、京都府南丹市にある「かやぶき音楽堂」にて「ピアノデュオコンクール本選」に出場し、新実徳英作曲「遊園地のワルツ」、アストル・ピアソラ作曲(山本京子編曲)「アディオス・ノニーノ」を演奏しました。

piano03.jpgpiano04.jpg

2人ともピアノコンクールに出場することや、1カ月の準備期間で新曲を2曲用意することなどは初めての経験でしたが、就業時間後に職場の近隣にあるレンタルピアノスタジオにこもって練習に励んできました。
ピアノ連弾は、1人で演奏するのとは違い、お互いの呼吸を合わせたり、時にはお互いの手がぶつかったり、さまざまなハプニングが起こりますが、2人で「あーでもないこーでもない」と試行錯誤を重ねながら曲を作り上げていく点はとても面白いものでした。

piano05.jpg
コンクール本選で賞はとれませんでしたが、ファイナリストとして本選に出場し、審査員の方々からいただいた講評やアドバイスは大きな収穫であり、今後の洛和音楽クラブでの演奏活動の糧になりました。

(洛和会京都音楽療法研究センター 和田義孝)

カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

「京(みやこ)環境配慮建築物」の奨励賞と「CASBEE京都」の高評価建築物について

洛和会音羽リハビリテーション病院が京都市の「京(みやこ)環境配慮建築物」の奨励賞に選ばれたことは、以前の記事で紹介しておりましたが、このたび、賞状を受領しました。
shou01.jpg
また、同時に「CASBEE京都」の高評価建築物として、プレートが交付されました。
「CASBEE京都」の高評価建築物には、洛和会丸太町病院もA評価として認定されています(平成24年度)。
shou02.jpgshou04.jpg

※「CASBEE京都」は、歴史都市京都の特性を生かした京都らしい環境性能評価システムが必要との認識が高まったことを受け、「木の文化を大切にするまち・京都」市民会議(平成21年3月)において「CASBEE京都」の基準や仕組みづくりが取りまとめられました。全国的に普及している「CASBEE(キャスビー:建築環境総合性能評価システム)」をベースに、京都がめざすべき環境配慮建築物を適切に評価・誘導できるよう項目の重点化や見直しを行い、京都独自のシステムとして策定されたものです。
カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

高齢社会をよくする女性の会にて「医療と介護の橋渡し」を講演

6月10日(土)に、「高齢社会をよくする女性の会・京都」の定例会が洛和会丸太町病院で開催されました。
定例会に参加された約40人の方が、当会施設(洛和会丸太町病院・丸太町リハビリテーションクリニック)の見学をされました。
yokusuru01.jpg
その後、洛和会丸太町病院 患者さま相談センター課長の青木による講演「医療と介護の橋渡し 〜医療福祉相談員の仕事〜」を実施。講演後には、当会 社会福祉士と地域医療や介護制度・介護施設について活発な質疑応答が行われ、有意義な時間となりました。
yokusuru02.jpgyokusuru03.jpg
今後も地域の皆さまに安心して医療・介護サービスを受けていただけるよう、取り組んでまいります。
カテゴリー:洛和会丸太町病院 | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

中学生の職場チャレンジ体験 〜栄養管理室〜

6月5日(月)〜9日(金)の期間に、将来医療関係の仕事に就きたいと夢をもった京都市立音羽中学校の2年生4人が、洛和会音羽リハビリテーション病院を訪れ、病院を支えるさまざまな職種を体験しています。

6月6日は、患者さまの栄養管理を担っている栄養管理室で実習を行いました。
食中毒などを防ぐために食品を扱う調理室に入る手前で念入りに手洗い・消毒をして、経鼻や胃ろうから栄養を取る患者さまのために栄養剤の準備を行いました。

challenge2017a.jpgchallenge2017b.jpg

challenge2017c.jpgchallenge2017d.jpg

体験を終えた生徒さんは「いろいろな種類があるけど、1度にチューブに流すんですか?」「どのくらいの時間をかけて栄養を取るんですか?」などの質問をしており、熱心な様子でした。
今回指導を行った管理栄養士の山根は「栄養管理室での仕事は、裏方で地味に見えるかもしれないけど、患者さまの栄養を管理する病院の中で重要な役割を持っている仕事です」と伝えていました。

ほかの部署でもさまざまな体験をしていただき、今回の経験が今後の進路を考える一助になれば幸いです。

2017年06月07日

医療関係者向け講演会 福井大学名誉教授 伊藤春海先生による「肺結核の画像診断 〜先人の業績と今日の課題〜」


2017(平成29)年9月8日に、福井大学名誉教授 伊藤春海先生をお招きして、研修医や開業医など医療関係者を対象とした、講演会を行います。
多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

kouenkai_0908.jpg◆テーマ
肺結核の画像診断 〜先人の業績と今日の課題〜
◆対象
研修医、開業医などの医療関係者の方
◆日時
2017(平成29)年9月8日(金) 午後6時〜
◆場所
洛和会音羽病院 C棟 1階 講義室(⇒交通アクセス
(〒607-8062 京都府京都市山科区音羽珍事町2)
◆講師
福井大学名誉教授 伊藤春海先生
◆参加費
無料
◆お問い合わせ
洛和会音羽病院 医療経営戦略部 松原
TEL:075(593)4111(代)
※お申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
カテゴリー:セミナー・講演会情報 | 更新情報をチェックする