2018年08月16日

洛和会音羽病院 キッズ外科医 らくわ外科手術体験セミナー開催!

1020日(土)、洛和会音羽病院にて、小学生5年生〜中学生を対象とした「キッズ外科医 らくわ外科手術体験セミナー」を開催します。

当日は「自動縫合器体験」「内視鏡外科手術体験」「縫合糸による結紮(けっさつ)体験」など、実際に手術で使用されている医療器具を使った体験が可能です。最新の医療に触れられる貴重な機会ですので、ぜひご参加ください!

【概要】

    • 日時:2018年10月20日(土)午後0時45分〜午後4時
    • 対象:小学校5年生〜中学生
    • 参加費:無料
    • 募集人数:9人(応募多数の場合は抽選)

【詳しい体験内容】

  1. 自動縫合器体験
    ホチキスのような機器を使用し、胃や腸の縫合を体験します。
    hougou_01.jpg hougou_02.jpg

  2. 内視鏡外科手術体験
    モニター画面を見ながら鉗子を操作する内視鏡外科手術を体験します。
    naishikyou_01.jpg naishikyou_02.jpg

  3. 縫合糸による結紮(けっさつ)体験
    縫合糸を使用して糸を結ぶ結紮を体験します。
    kessaku.jpg

お申し込みは専用ホームページをご確認ください。
https://www.rakuwa.or.jp/kids_seminar/

カテゴリー:お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

洛和会音羽記念病院と洛和ヴィラアエルで合同消防訓練を実施

82日に洛和会音羽記念病院洛和ヴィラアエル合同での消防訓練を実施しました。
今回の消防訓練では、夜間に地震が起こった場合を想定し、火災が発生してから消火、避難の誘導、通報までを訓練しました。

非常ベルが作動後、まずは火災発生場所を確認し、消防への通報と消火器による初期消火活動を行いました。
180802_kinen_02.jpg 180802_kinen_04-2.jpg

その間に患者さんの避難誘導を行い、館内放送で患者さん役にアナウンスをした後、各担当が連携しながら、車いすやシーツを使って患者さん役を避難誘導しました。
180802_kinen_07.jpg 180802_kinen_06.jpg

最後に各病室の避難状況を確認・整理し、到着した消防隊に報告しました。
180802_kinen_09.jpg

避難訓練終了後は、消防署の訓練講評を受け、引き続き消火訓練を行いました。
180802_kinen_10.jpg 180802_kinen_11.jpg

今回の訓練では、慌てることなく落ち着いて指示と連携ができており、全体的にシナリオ通りに進めることができました。
次回以降も、参加者全員が実際の火災の場面でも対応できるように訓練を実施していきます。

カテゴリー:洛和会音羽記念病院 | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

らくわ健康教室講演会で転倒予防のバランス運動とペットボトルを使用したトレーニングを実施

82日にらくわ健康教室洛和会東寺南病院(南区)で開催しました。
「転ばぬ生活のヒント」をテーマに、洛和ヴィラ大山崎 理学療法士の増田巧が講演しました。
冒頭からクイズや転倒防止の合い言葉を紹介するなど、参加者は笑顔を浮かべながら楽しく聴講されていました。

180806_rkk_01.jpg 180806_rkk_02.jpg

講演の後半は、バランス運動とペットボトルを使用した転倒予防のトレーニングを実施しました。
バランス運動は、両足を前後に連ねて立つ姿勢から、最後は両手を上げてバランスを取るトレーニングです。

ペットボトルを使用したトレーニングは3種類行いました。どれも立位で行います。

  • 1つ目は、両手を使ってペットボトルをおなか周りで左右に回す「ペットボトル回し」
  • 2つ目は、両手を使ってペットボトルを外から右膝の下に通し、次に左膝の下を外から通す「ペットボトル8の字」
  • 3つ目は、ペットボトルを上に投げて、両手でキャッチをする「ペットボトル上投げ」

180806_rkk_03.jpg 180806_rkk_04.jpg
参加者からは「暑いなか、参加して本当に良かった」「充実した講演内容で、とても満足した」という感想が聞けました。

今後もらくわ健康教室は皆さんに役立つ医療や介護の情報を発信しながら、相談会や見学会など医療・介護が連携し役立つ情報や機会をご提供していきます。

らくわ健康教室 今後の開催予定はこちら
http://www.rakuwa.or.jp/kenkoevent/rkk.html

カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

バーナケア・ディスポーザブルパルプシステム(使い捨て汚物容器)の試験導入を開始

洛和会音羽記念病院にて、汚物処理の新革命となるバーナケア・ディスポーザブルパルプシステム(使い捨て汚物容器)の試験導入を開始しました。

従来はプラスチックの尿器・便器を使用しており、その洗浄や乾燥といった作業に多くの時間と労力がかかっていましたが、使い捨て汚物容器(パルプ尿器・便器)を導入することで作業負担を軽減し、より充実した看護・患者ケアが提供できるようになります。
180724_image_youki.jpg 180724_image_system.jpg

容器(パルプ尿器・便器)は毎回新しいものを使用し、処理はベッドパンウォッシャーシステムにより汚物が入った容器を専用装置に入れて蓋をするだけなので、清潔に汚物処理をすることができます。このシステムにより感染リスクを軽減し、交差感染対策に努めます。

カテゴリー:洛和会音羽記念病院 | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

洛和会音羽記念病院にて職員子女職場見学会を開催しました

728日(土)に職員子女職場見学会を開催しました。
洛和会音羽記念病院では3人の職員の子どもたちが参加してくれました。

白衣、ナース服に着替えて、病院探検スタート! 院長の武内医師が優しく出迎えてくださいました。
180728_kengaku_01.jpg 180728_kengaku_03.jpg

各課の協力の下、病院中を見学することができました。
お菓子を使って薬を作るまねをしてみたり、心電図に実際に触れてみたり、手術室に入ってみたり…
180728_kengaku_02.jpg 180728_kengaku_04.jpg

子どもたちは普段できない貴重な体験をすることができました。

カテゴリー:洛和会音羽記念病院 | 更新情報をチェックする