2018年12月22日

洛和会ヘルスケアシステム×京都府警察
「地域見守り活動に関する協定」締結式

12月19日(水)、京都府警察本部にて、洛和会ヘルスケアシステムと京都府警察間における「地域見守り活動に関する協定」締結式が執り行われました。京都府警察と民間事業者との二者間での協定締結は京都府で初となります。

当会を代表し、洛和会ヘルスケアシステム 常務理事 北岸智志と京都府警察本部 生活安全部長 井上基 氏が協定書の署名、捺印を行いました。
181212_kyoutokeisatsu01.jpg

181212_kyoutokeisatsu02.jpg

当会の車両はドライブレコーダーを搭載しており、「ドライブレコーダー録画中」のステッカーが貼られています。介護事業所 約100カ所の営業所などが協力し、保有車両350台(※)が業務中に京都府下を走行する際に、同時に見守り活動も行うことで、犯罪の抑止力となり、地域の安全に貢献しています。また、事件・事故を目撃した際には、警察への通報・情報提供も行います。
※京都府警が保有するパトカーは265台

当会では「地域を守る」「職員を守る」「法令を守る」という3つの守る『3(ミ)守る』の意識をより一層強く持って業務にあたり、また、他企業にもこのような取り組みが波及することを願っております。

今後、さらに京都府警察と連携し、安心安全な地域づくりに寄与します。

181212_kyoutokeisatsu03.jpg

カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする