2019年07月22日

小学生の救命活動をPUSH! 洛和会音羽病院のスタッフが大塚小学校で救命講習

7月9日(火)、京都市立大塚小学校(山科区)で、洛和会音羽病院の看護師、救命救急士が大塚小学校の6年生約60人に向け、救命活動の講習を行いました。
本活動は、救命活動で最も重要な胸骨圧迫(以下、心臓マッサージ)とAED(自動体外式除細動器)の使い方の普及を通じ、命を守ること、命の大切さを再認識することを目指す「Push活動」に洛和会音羽病院、大塚小学校双方が賛同したものです。

講習内容は、心肺蘇生トレーニングツールを用いながら、

  1. 目の前で人が倒れた時の声掛けや対応方法の確認
  2. 心臓マッサージをする際の正しい手の組み方や押す位置の学習
    トレーニングツールはきちんと押すと音が鳴る仕組みです。「心臓マッサージはリズムが大切」との看護師の指導を受け、みんなで手拍子をしながら押しました。
  3. AED使用時の注意事項、装着位置について確認
  4. 2人一組となり、人が倒れてから心臓マッサージを開始し、AEDが到着して作動させるまでの一連の流れの実演

を学び、取り組みました。

push_img1.jpg
▲心臓マッサージ時の正しい手の組み方を学ぶ

push_img2.jpg
▲心肺蘇生トレーニングツールで心臓マッサージを実施

push_img3.jpg
▲AEDの付け方を学ぶ

児童たちは「誰かが倒れた時に、声を掛ける勇気」の大切さ、心臓マッサージの重要性を知る機会となりました。「(心臓マッサージは)救急車が来るまで続けることが意外と大変」など、命の重さを感じた感想も挙がりました。

日本全国で年間約7万人の方が心臓突然死で亡くなられます。地域の救命救急を担う病院として、地域の人々とともに、地域の健康・命を守る活動を継続し、安心して暮らせる地域づくりに貢献してまいります。

カテゴリー:洛和会音羽病院 | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

らくわ健康教室で介護施設の見学会を開催

7月10日、らくわ健康教室を洛和ヴィラ天王山で開催しました。
「普段の生活で体を動かしましょう 〜いつまでも美しく健康に過ごすために〜」をテーマに、洛和ヴィラ大山崎 理学療法士で課長の小森 健太郎が講演しました。

体や心の衰えの軽減を図るフレイル予防(※1)について説明があり、チェック表で自身の状態を確認したり、自分にあった運動の仕方を紹介したりと、いつまでも自分らしく暮らせる生活習慣について参加者に分かりやすく説明しました。
(※1)フレイル…加齢で心身の活力(筋力・認知機能・社会とのつながり)が低下した状態のこと
rkk07_01.jpg

講演後には、大山崎のご当地体操「Oh! やまざき体操」を参加者と一緒に行い、健康増進を図りました。
rkk07_02.jpg

今回のらくわ健康教室では、施設見学・介護相談会も実施しました。施設見学会には20人以上の方が参加し、地域密着型介護老人福祉施設(※2)である洛和ヴィラ天王山の施設内を職員と一緒に回りました。
(※2)地域密着型介護老人福祉施設…利用対象が地域の方に限定されている、定員29人以下の小規模な施設。長年住み慣れた地域で暮らし続けられるという特徴のある施設
rkk07_03.jpg

洛和ヴィラ天王山
http://www.rakuwa.or.jp/kaigo/tokuyou/tennouzan/index.html

らくわ健康教室は、今後も医療や介護の役立つ情報をお伝えしながら、相談会や見学会、体験会を開催し、皆さんにより理解を深めていただく場をご提供してまいります。

また、8月22日(木)には洛和会ヘルスケアシステム70周年記念講演を開催します。地域医療を支える開業医と当会医師が「在宅診療について 〜家でできること、できないこと〜」をテーマに講演します。
ご家族、ご友人をお誘いあわせのうえご参加ください。
http://www.rakuwa.or.jp/kenkoevent/70th_rkk.html

らくわ健康教室 今後の開催予定はこちら
http://www.rakuwa.or.jp/kenkoevent/rkk.html

カテゴリー:らくわ健康教室 | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

丸太町リハビリテーションクリニックが京都の情報誌「go baaan」の取材を受けました

丸太町リハビリテーションクリニックが、情報誌「go baaan」(ゴ・バーン)の取材を受けました。
go baaanは京都とそこに集まる人を結ぶコミュニケーションツールとして発行されている情報誌であり、京都市内中で無料配布されています。

190705gobaaan02.jpg

今回の取材では、運動器専門の「スポーツドック」を体験するために、同クリニックに設備されている機器を用いて身体機能の評価・解析を行いました。
190705gobaaan04.jpg

そのスポーツドックでは、
  • 学生選手たちのケガの予防のために検診したい
  • プロアスリートのさらなるパフォーマンスアップに役立てたい
  • 個人的に趣味のランニングを続けられるように根本から評価・助言してほしい
  • 一般成人男性のゴルフスイングを解析してほしい
などのお声を解決することができます。

取材で行ったモデルコース(基本コース)では、
1:医師の問診
2:検査
  • 身体計測
  • 体組成分析(InBody)
  • 筋力測定(Biodex)
  • 三次元動作解析(VICON)
3:結果報告
4:運動指導、健康チェック
を行います。
⇒フィジカル検診・スポーツドック

取材中は、同クリニック職員とgo baaanのスタッフで和気あいあいと和やかな時間を過ごすことができました。
190705gobaaan03.jpg

記事が掲載されているgo baaanは7月1日(月)より発行されていますので、ぜひお手に取ってご覧ください。
190705gobaaan01.jpg