2019年08月14日

洛和会音羽病院で実施した防火・ 防犯総合訓練の模様が放送されました

8月10日(土)に洛和会音羽病院で実施した防火・ 防犯総合訓練の模様がテレビ・新聞にて放送・掲載されました。この訓練は、京都市伏見区で起こった放火殺人事件を受け、院内での非常事態を想定して行いました。

  • NHK NEWS WEB
    NHK NEWS WEB

  • FNN PRIME
    FNN PRIME

ニュースリリース:洛和会音羽病院で防火・ 防犯総合訓練を実施します

カテゴリー:洛和会音羽病院 | 更新情報をチェックする

洛和会音羽記念病院・洛和ヴィラアエル 合同消防訓練を実施しました

8月7日(水)に、洛和会音羽記念病院洛和ヴィラアエル 合同消防訓練を実施しました。

190807_kunren_01.jpg

訓練には医師、看護師、介護士、事務スタッフなど20人が参加しました。

消防隊員から教えていただいた「1. 消火する 2. 逃がす 3. 逃げる」の三つのキーワードを念頭に、洛和ヴィラアエルの台所から出火したという想定のもと、初期消火訓練、避難誘導訓練、消防署への通報訓練に取り組みました。

190807_kunren_02.jpg

「訓練即実践」を合言葉に、緊迫感のある訓練ができました。普段から消火器、非常階段の位置確認を職員一人一人が意識して行い、過ごしていきたいと思います。

190807_kunren_03.jpg

洛和会音羽記念病院では消防訓練を毎年2回、実施しています。
これからも継続して実施し、入所者さんや来院される方々の安全確保に努めていきます。

カテゴリー:洛和会音羽記念病院 | 更新情報をチェックする

火災やトラブル対応に対する意識向上を目指して! 洛和会音羽病院で防火・防犯総合訓練を実施

8月10日(土)、洛和会音羽病院で院内での火災やトラブルを想定した訓練を実施しました。
京都市伏見区で起こった放火殺人事件を受け、院内で火災や事件が発生した際に職員一人一人が冷静に判断し、職場全体で適切な対応ができるようマニュアルの再確認と見直しを行い、意識の強化を図りました。

防犯訓練では、大声で職員を威嚇、胸ぐらをつかむなど暴力行為に及ぶ患者さんがいるという設定で、初動対応から警察への通報までの流れをシミュレーションしました。実際の事件現場さながらの緊迫感の中、職員はマニュアルに沿って真摯に取り組み、患者さんの安全に配慮しながら冷静に対処することの大切さを再認識しました。
otowa_kunren1.jpgotowa_kunren2.jpg

防火訓練では、施設内に設置している消火器や消火栓、排煙装置、避難経路の確認を行いました。防火に対する意識向上につながる貴重な訓練となりました。
otowa_kunren3.jpg

今後も洛和会音羽病院では、防火・防犯の観点からも患者さんが安心して来院いただける病院を目指し、安心・安全な地域づくりに取り組みます。

カテゴリー:洛和会音羽病院 | 更新情報をチェックする