2019年10月31日

超高齢社会に向け最前線の現場から多くの提言 〜第30回洛和会ヘルスケア学会 総会リポート〜

節目の第30回を迎えた洛和会ヘルスケア学会 総会が10月20日(日)、京都市左京区の京都市勧業館(みやこめっせ)で行われました。

191020_gakkai.jpg

洛和会ヘルスケアシステムの医療、介護、健康・保育施設などの医師、看護師、介護福祉士らが日頃、取り組んでいる研究の成果を発表しました。発表は口演、展示を合わせ187件。日々、患者らと向き合う最前線での研究らしく、「どうする」「どう変える」という具体的な対策を提示する発表が多く、訪れた関係者や同僚たちが熱心に耳を傾けていました。

総会の様子や印象的な発表をリポートします。
リポートの内容はこちら>

カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に洛和会音羽リハビリテーション病院 内科 部長 山崎医師が出演

11月の第1・第3月曜日9時23分〜約10分間、KBS京都Radioの『笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ』で放送中!

10月30日(水)は、洛和会音羽リハビリテーション病院 内科 部長 山崎武俊医師の放送回の収録をKBS京都Radioで行いました。

山崎医師はラジオパーソナリティーの笑福亭晃瓶さん、中村薫さんとともに「今なぜ漢方なのか」をテーマに番組を進めていきました。漢方は病気を全体像で眺め、西洋医学では原因がはっきりしない病気などに有効であること、植物などを自然の形(生薬)で複数組み合わせて使用すること、病院の漢方内科で受診すると漢方が保険適用になることなど、分かりやすく説明しました。
(→洛和会音羽リハビリテーション病院 漢方外来

191030_radio_01.jpg

191030_radio_02.jpg

今回収録した内容は、11月4日(月)に放送されます。漢方にますます興味がわく内容です。皆さんぜひお聞きください!

今後もらくわ健康教室は皆さんに役立つ医療や介護の情報を発信しながら、相談会や見学会など医療・介護が連携し役立つ情報や機会をご提供していきます。

ラジオ版らくわ健康教室 放送予定はこちら
http://www.rakuwa.or.jp/kenkoevent/rkk_radio.html

カテゴリー:らくわ健康教室 | 更新情報をチェックする

洛和ホームライフ音羽にて「注文をまちがえるかもしれないおでん屋さん」を開催

10月26日(土)、洛和ホームライフ音羽にて、当会の介護施設を利用されている、認知症の状態にある利用者さんがスタッフとして働く1日限りのおでん屋さんを開店しました。

191026_oden_01.jpg

認知症の状態にある方が働くことで人と接したり、社会とつながることができたり、さまざまな可能性を引き出したいとの思いで企画しました。

191026_oden_02.jpg

参加された利用者さんは「慣れないことやから難しいわぁ…」と言いながらも笑顔でお客さんの対応をされていました。

191026_oden_03.jpg

このおでん屋さんのコンセプトは、「あなたが頼んだ料理が来るかどうかはわかりません。そんな間違いを受け入れて、間違えることをむしろ楽しんじゃおうよ」というもの。
認知症の状態にある方と交流を持つことで認知症に対する理解を深めていただき、地域ぐるみでサポートしていけたらと願っています。

本イベントは洛和会ヘルスケアシステムの年に1度のお祭り「洛和メディカルフェスティバル」の一環で行いました。

191026_oden_05.jpg

191026_oden_06.jpg

洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部では、子どもから高齢者、障がいのある方がお互いに支えあいながら暮らせる世の中を目指してさまざまな「共生」の取り組みをしています。

11月30日(土)にはみやこめっせ 京都市勧業館にて共生型サービスの先駆けとなるNPO法人「このゆびとーまれ」理事長 惣万佳代子氏を招いて講演会を開催いたします。入場無料となっておりますのでぜひお越しください。

洛和会ヘルスケアシステム 70周年イベント「共生 〜今さら共生? 今だから共生〜」 
詳細とお申し込みはこちらから>

カテゴリー:介護 | 更新情報をチェックする