2019年10月10日

洛和会音羽病院が京都市動物園に看護師をボランティア派遣

10月5日(土)、障がいや病気を患っている子どもとその家族を閉演後の動物園に無料招待する、京都市動物園(京都市左京区)「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」に、洛和会音羽病院の看護師2人が救護班として参加しました。

ドリームナイト・アット・ザ・ズーは、オランダのロッテルダム動物園にあるドリームナイト財団が主催している世界的なプロジェクトで、病気や障がいのある子どもたちを夜の動物園に招待し、楽しく過ごしてもらうことを理念としています。京都市動物園では昨年に引き続き、2回目の開催でした。

1910_zoo-02.jpg

1,500人を超える来場者は幸いにも大きなけがや体調を崩される方もなく、スタンプラリーや動物ガイドを楽しみ、昼間とはまた違った神秘的な雰囲気の園内は笑顔であふれていました。

1910_zoo-03.jpg

洛和会ヘルスケアシステムは、今後も地域のみなさんのお役に立てるよう、さまざまな活動を行ってまいります。

カテゴリー:洛和会音羽病院 | 更新情報をチェックする

洛和会音羽病院 がん相談センター職員がきくち薬局で講演

10月5日(土)、地下鉄「御陵駅」の近くにある、きくち薬局で市民公開講座が開かれ、洛和会音羽病院 がん相談センター がん看護専門看護師 藤田かおりが「がん 〜予防法と向き合い方〜」について講演しました。

1910_kikuchi-01.jpg

健康について興味をお持ちの7人の方にご参加いただき、国民の半分ががんになる現状を踏まえて、がん検診の大切さやがんと知ってから受け入れるまでの心の動きなどを説明。聴講者はご自身のことに置き換えて熱心に聞き入っておられました。

1910_kikuchi-02.jpg

がんを告知されると患者さんだけでなく、そのご家族も分からないことが多く、不安になります。そんなとき気軽に相談できる、同院 がん相談センターを紹介しました。がん相談センターでは心のケアや治療、費用のことなど、分からないことがあればご相談を承っています。

高齢者の増加に伴い、医療を取り巻く状況も変化しています。病院やかかりつけ医に相談しにくいことは、お住まいの地域にある調剤薬局に勤務する薬剤師を健康の相談窓口として、活用してみてはどうでしょうか。

1910_kikuchi-03.jpg

1910_kikuchi-04.jpg

参加された方は、病院への相談を含めた、がん治療について知るとともに、調剤薬局をもっと身近に感じることができ、有意義なイベントになりました。

カテゴリー:洛和会音羽病院 | 更新情報をチェックする