2019年11月06日

洛和会丸太町病院が朱二ふれあいまつりに参加しました!

11月3日(日)に、京都市立朱雀第二小学校で「朱二ふれあいまつり」が開催され、洛和会丸太町病院の看護部地域連携課のスタッフ、洛和メディカルスポーツ京都丸太町の健康運動指導士、洛和会京都健診センターのスタッフが参加しました。

昨年同様、看護師による「血圧測定」や健康運動指導士による「握力測定」および、一昨年から引き続き人気だった「血管年齢測定」を行い、地域の皆さんに喜んでいただけました。
191106hureai01.jpg

191106hureai02.jpg

今年も、多くの方々に当ブースへお越しいただき、「洛和会丸太町病院」、「洛和メディカルスポーツ京都丸太町」、「洛和会京都健診センター」のPRをさせていただくことができました。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

洛和会ヘルスケアシステムは2020年4月に創立70年を迎えます。(⇒創立70年記念サイトへ)洛和会丸太町病院も開院以来、地域の皆さんに支えられながら歩んでまいりました。新コーポレートスローガンである「夢、そして誇り。この街で・・・」に込められた地域の皆さんへの感謝の気持ちと誇りを胸に、これからも皆さんのためになる活動を継続いたします。

191106hureai03.jpg
カテゴリー:洛和会丸太町病院 | 更新情報をチェックする

洛和会音羽リハビリテーション病院と京都大学落語研究会が連携
「笑い」で地域をつなぐ!

10月27日(日)に、洛和メディカルフェスティバルの一環として、洛和会音羽リハビリテーション病院で京都大学落語研究会の学生を招き、寄席を開催しました。
病院を利用される患者さんや地域の方など多くの人でにぎわい、大盛況のイベントとなりました。

mfes_rakugo01.jpg

3演目の落語が披露されました。
本格的な演台上での若さ溢れる熱演によって、会場はたくさんの笑顔で包まれました。

mfes_rakugo02.jpg

mfes_rakugo03.jpg

落語を披露した学生は「自分たちの落語で、多くの人に笑っていただけたのですごく良かったです。この笑いが少しでも地域貢献につながっていればうれしいです」と語り、自分たちの活動がより良い地域づくりにつながっていることを認識する機会となったようです。

洛和会ヘルスケアシステムでは地域の教育機関と連携し、地域の方々が暮らしやすい環境づくりのための取り組みを行っています。今後も地域の医療・介護機関として、若い世代との交流を通じた地域貢献活動に邁進してまいります。