2020年04月01日

創立70周年記念プロジェクトとして「ヤマボウシ」の植樹を実施

2020(令和2)年4月、洛和会ヘルスケアシステムは創立70年を迎えました。

当会ではそれを記念してさまざまな記念プロジェクトを実施してきましたが、その最後を飾るイベントとして、3月25日(水)に洛和会音羽リハビリテーション病院 東側・リハビリガーデンにて「ヤマボウシ」の記念植樹が行われました。

快晴の空の下、当会の矢野一郎 理事長、矢野裕典 副理事長、矢野阿壽加 専務理事がシャベルを手に植樹を行いました。
syokuju1.jpg

春には「友情」の花言葉を持つ小さい白い花をつけ、夏には青々とした葉の緑が茂る「ヤマボウシ」。
秋には紅葉して果実がなり、葉が落ちた冬には通路に枝を通した木漏れ日が射し、四季折々の姿を楽しむことができます。
末永く、患者さんや職員の心和ませる存在になることを願います。
syokuju3.jpg

植樹の後は、当会が創立70年を迎えるにあたり数々の記念イベントを盛り上げてきたプロジェクトメンバーが集まっての記念撮影。
メンバー各々が手のひらで「7」を作り、笑顔でプロジェクトを締めくくりました。
syokuju2.jpg



カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。