2020年11月09日

小学生の勇気をPUSH!救急救命士がZoomで救命講習

11月4日(水)、大津市立青山小学校(滋賀県大津市)で洛和会音羽病院の救急救命士2人が、5年生の児童197人に向けて救命講習を行いました。

前触れもなく心臓が止まる突然死。
同院では胸骨圧迫・AEDの普及を通じて、突然倒れた人を救命できる地域を目指す「PUSHプロジェクト」に賛同し、地域の小学校などで救命講習を実施しています。

今回は新型コロナウイルス感染症対策として、校長室にお伺いし、講習の様子をオンラインで各教室のテレビに映しての実施となりました。

胸骨圧迫のポイントは「絶え間なく」「リズム良く」「強く」押すこと。救急救命士から画面越しに「腕はまっすぐ伸ばしてね」「疲れてきた? もう少しがんばって!」など声を掛けられ、懸命に模型器を押す児童たち。
講習後には「心臓マッサージは聞いたことがあったけど、やり方は初めて知った」「遠隔でも分かりやすかった」「もし、倒れている人がいたら声を掛けたい」との感想が上がり、命の重さと勇気の大切さを感じてくれたようでした。

201109push01.jpg
▲校長室で救命講習を実施


201109push02.jpg
▲胸骨圧迫の正しい腕のかたちを学びます

201109push03.jpg
▲画面越しでもしっかり伝わりました

洛和会ヘルスケアシステムでは、今後も地域の皆さんが安心して暮らせる地域づくりに貢献してまいります。

洛和会ヘルスケアシステムのSDGs
カテゴリー:洛和会音羽病院 | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

洛和会音羽病院と京都市立音羽中学校でリモート演奏会を開催

10月30日(金)、京都市立音羽中学校と洛和会音羽病院でオンラインを使った演奏会が行われました。今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、演奏を披露するコンクールや文化祭が軒並み中止となり、吹奏楽部の生徒の目標や活躍の場が失われていました。そこで、同院で演奏発表の場を設けるとともに、コロナ禍での医療従事者への応援メッセージもいただきました。
201030_img_01.jpg

サックス、クラリネット、トロンボーンなどの管楽器、ドラムや木琴などの打楽器など、多彩な音でのアンサンブルのほか、キュートなダンスや元気いっぱいの歌唱など、アンコールを含め、7曲を全力で披露。その様子を洛和会音羽病院内で医療従事者が鑑賞し、演奏を通じて、中学生からエネルギーをもらいました。その後、返礼として洛和会京都音楽療法研究センターの音楽療法士がアコーディオンとフルートで演奏し、両会場で楽しい時間を過ごしました。
201030_img_02-2.jpg

両者はこれまで病院の仕事を生徒が体験する「チャレンジ体験」や、洛和メディカルフェスティバルでの吹奏楽部の演奏、洛和会ヘルスケアシステムの介護職員が高齢者について教える特別授業など、さまざまな交流をしてまいりました。今回の演奏会はコロナ禍であっても音羽中学校との絆を深める大きな一歩になりました。
201030_img_03.jpg

カテゴリー:洛和会音羽病院 | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

介護付有料老人ホーム選びのポイントを伝授!

11月9日(月)に、らくわ健康教室Web版第3回の動画を公開します。

thuma.jpg

介護付有料老人ホームには種類があり、自分やご家族にぴったりのサービスが分からない! という方も多いのでは?
施設選びには、環境や設備、必要な介護サービスが受けられるかどうかのほかに、費用面も重要なポイントとなります。

今回のらくわ健康教室Web版では、実際に施設で働く職員が「介護付有料老人ホームって? 〜これから施設選びをされる方へ〜」と題して、介護付有料老人ホームの種類とその特徴を分かりやすく説明し、費用面を比較します。
施設見学の前に、施設の特徴や機能を理解しておくと、施設選びがよりスムーズになります。
大切な生活の拠点選びに、ぜひこの動画をお役立てください!

今回のテーマ
介護付有料老人ホームって? 〜これから施設選びをされる方へ〜
講師
洛和ホームライフ室町六角
介護福祉士 副係長 松岡 英輝
再生時間
4:32
聴講料
無料

カテゴリー:らくわ健康教室 | 更新情報をチェックする