2008年09月03日

しじみご飯

〜亜鉛で免疫力アップ!〜

Shimakawa洛和会音羽病院
母子センター 所長

NST委員長
島川哲郎

      

Hasegawa_2 洛和会音羽病院
栄養科
係長
(管理栄養士)
長谷川由紀

 

Gohan_2

材料(4人分)

  • 米・・・・・・・・・・・・・・・・2合
  • しじみ(殻付き)・・・600g
  • 土しょうが・・・・・・・・1かけ

A

  • 水・・・・・・・・・・・・500cc
  • 食塩・・・・・・・・・・小さじ1
  • B
  • 水・・・・・・・・・・・・300cc
  • 酒・・・・・・・・・・・・大さじ2

C

  • 食塩・・・・・・小さじ1/2
  • 薄口しょうゆ・・・・・・・・・・大さじ1/2
  • 砂糖・・・・・・・・・・小さじ1
  • 酒・・・・・・・・・・・・大さじ2

作り方

  1. しじみはAの塩水につけ2〜3時間置き砂をはかせた後、殻をこすり合わせて汚れを洗い流しておく。土しょうがは千切りにしておく。
  2. 鍋にBを入れて火にかけ、沸騰したらしじみを入れる。
    殻が開いたら火を止め、あら熱をとってから身をとっておく。
    ゆで汁はガーゼか目の細かい茶こしでこし、冷ましておく。
  3. といだ米を炊飯器に入れ、ゆで汁と調味料Cを入れて軽くまぜる。
    足りないようなら水を足す。土しょうがを加えて炊く。
  4. 炊きあがったご飯にゆでたしじみを入れてまぜ合わせる。
  5. ※しじみの砂だしを充分することが大切。
    ※ゆで汁をガーゼや目の細かい茶こしでこすのはアクや砂を取り除くためです。

  • エネルギー(1人分):280kcal
  • 亜鉛:1.5mg

栄養MEMO 亜鉛
亜鉛は成人の体に対して約2gと、鉄に次いで多く含まれる金属元素です。体内では多くの酵素の構成成分として存在し、炭水化物やタンパク質、脂質などの代謝と深く関わっていますが、タンパク質の合成やDNAの転写に際しても重要な役割を果たしています。身体の成長や発育、新しい細胞の再生や増殖、免疫機能の調節などには欠かせないミネラルで、不足すると、肌が荒れる、抜け毛が増える、傷が治りにくい、風邪をひきやすくなる、性機能が落ちる、食べ物の味がわかりにくくなるなどの症状が現れることがあります。また、小児では成長に障害がみられることもあります。
亜鉛はかきなどの貝類、赤味の肉(もも肉など)、豚レバー、ナッツ類、そば粉、ココアなどに比較的多く含まれます。野菜中心の食生活やダイエット、偏った食事は亜鉛不足に陥る可能性が大です。美味しく食事がいただけるよう、メニューのバランスを考えましょう。


Otomarukun0809(『おとまるクン』2008年9月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。