2008年10月07日

京阪3駅にAED寄贈

Aed 洛和会ヘルスケアシステムは2008年8月29日、京阪電気鉄道株式会社にAED(自動体外式除細動器)を寄贈しました。設置駅は京阪山科(京津線)、浜大津(同)、京阪石山(石山坂本線)の3駅です。また、浜大津アーカス(滋賀県大津市)へのAEDの寄贈計画も進行中です。
当会では病院周辺の交通機関や商業施設にAEDの寄贈を行い、社会、地域貢献に力を注いでいます。
(洛和会ヘルスケアシステム 本部)

AEDとは…
突然の心停止から命を救うための装置です。痙攣(けいれん)を起こした心臓に電気ショックを与え、正常な状態に戻します。電気ショックが必要かどうかもAEDが判断します。高度な専門知識を必要とせず、安心して簡単に操作することができる装置です。


Otomaru10_2 (『おとまるクン』2008年10月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで



カテゴリー:広報誌「おとまるクン」 | 更新情報をチェックする