2008年11月01日

生涯阪神タイガースファン!!

Dryamamoto 洛和会丸太町病院 外科 医長 山本芳樹(やまもとよしき)

どんな患者でも治してしまう・・・そんなカッコいいブラックジャックに憧れたのは小学校4年生のころでした。医師という存在に初めて興味をもった思い出です。
中学生の時に祖母を脳腫瘍(しゅよう)で亡くしたことが医師を志すきっかけとなり、医師になりたいと決意しました。
東京生まれの大阪育ち。物心ついたころから阪神タイガースのファンに。歴代選手で一番印象深いのは、史上最強の助っ人と呼び声高かった「ランディ・バース」。1985(昭和60)年には、大学受験をひかえた高校3年生でありながら阪神タイガースの応援に明け暮れたものです。その甲斐もあり、私の浪人生活と引き換えに、わが阪神タイガースは見事日本一の栄冠を勝ち取りました。
今でも阪神タイガースへの情熱は変わりなく、今岡誠選手の法被(ハッピ)を身にまとい、甲子園へと足を運びます。
そんなトラ好きな私ですが、医師としての永遠のテーマは「がんとの闘い」。母をすい臓がんで亡くしてから、その思いはいっそう強いものとなりました。医師としてがんと闘い続け、患者さまの笑顔を見続けていきたいと思っています。


Otomaru0811 (『おとまるクン』2008年11月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで



【広報誌「おとまるクン」:笑顔 Doctor's informationの最新記事】