2009年05月18日

旅行とテニス

洛和会音羽病院 歯科麻酔科 医員 中尾 晶子(なかお あきこ)

Tennis 学生時代には、テニス部の仲間といわゆる「貧乏旅行」で、国内あちこち出かけました。でも、いちばん思い出深い旅は、スコットランドでの3週間の語学留学です。1週間たったところで中耳炎になり入院。残りの2週間は病院で過ごしました。観光旅行では分からない、その土地の文化や生活に触れたいとは思っていましたが、まさか、そこまで体験できるとは。

医療従事者が多い家に育ち、自然な流れで大学の歯学部に進んだものの、一般歯科、口腔外科、歯科麻酔、どの道を専門にするか決めかねたまま洛和会音羽病院 京都口腔健康センターに着任。研修医1年目に歯科治療恐怖症という、歯科の治療を極度に恐れて歯科診療室に入ることもできない患者さまと出会ったのが、歯科麻酔を選ぶきっかけになりました。

歯科麻酔科ではハンディキャップのある方、認知症の方、口腔内以外にも複数の疾患がある方など、全身麻酔・静脈内鎮静などで手助けしなくては治療が受けられない患者さまが多く来られます。治療への大事な橋渡しだと実感しました。

最近、一時中断していたテニスを始めました。家族もみなテニス好き。兄2人、弟1人の4人きょうだい全員が医療従事者ですが、共通の話題は仕事のことよりテニス。年に1〜2度、休暇で家族が集まるときには、父も交えた5人で、いろんなダブルスを組んで楽しんでいます。


0905otomarukun (『おとまるクン』2009年5月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで



【広報誌「おとまるクン」:笑顔 Doctor's informationの最新記事】
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。