2009年10月29日

イースター島でパレード!

洛和会音羽病院 消化器内科
医員 二階堂 光洋(にかいどう みつひろ)

0910drnikaido 学生時代から旅行といえば、いわゆる貧乏旅行。3年前の新婚旅行もバックパッカー旅行で、1年ほどかけて世界40カ国あまりを旅しました。なかでも思い出深いのは、島をあげての祭の日だったイースター島。メーンイベントのパレードでは地域ごとのチームがコンテスト形式で優劣を競うんですが、人数が多く派手なほど高得点なので、観光客の飛び入りも大歓迎。私たち夫婦も現地の人と同じように、全身にボディペインティングして一緒に練り歩きました。男性は半裸というか、ふんどし一丁にまっ茶色の伝統模様! すごい体験でしたね。
神戸出身の私が医師になったのは、高校2年生の時に経験した阪神淡路大震災がきっかけかもしれません。ボランティア活動のなかで、専門知識で人に役立つことの強さを実感しました。最近、洛和会ヘルスケアシステムも現地で救援ボランティアをしていたと知り、縁を感じています。
今後は、患者さまはもちろん、ご家族の気持ちに沿った診療を心がけようと思っています。実は8月に第一子の娘が誕生したんですが、妻に付き添って病院で待っているときに、あらためて患者さまやご家族の気持ちがわかった気がしたんですよ。


0910otomaru (『おとまるクン』2009年10月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで

【広報誌「おとまるクン」:笑顔 Doctor's informationの最新記事】