2009年12月19日

肺炎球菌ワクチン

〜合併症を防ぐために!〜

洛和会音羽病院 感染症科 大野 博司(おおの ひろし)

肺炎を引き起こす肺炎球菌
日本人の死因で4番目に多いのが肺炎です。特に抵抗力の低下した高齢者が肺炎にかかると症状が重くなることが少なくありません。日本人の肺炎の約50%が肺炎球菌という細菌が原因とされています。また昨今話題になっている季節型・新型インフルエンザの感染者のうち、重症になるケースの約半分が、肺炎球菌による肺炎を合併するといわれています。

肺炎球菌ワクチンとは?
0912oono 肺炎球菌ワクチンは肺炎にかかるのを予防する働きと、肺炎を起こした場合でも重症化することを防ぐ働きをします。
抵抗力が低下している高齢者や、心臓・呼吸器の慢性疾患のある方、在宅酸素を受けている方、糖尿病・腎不全・肝機能障害のある方は、肺炎を起こすと重症になることが多いため、接種した方が良いでしょう。

接種方法と副反応
1回0.5mlを筋肉内または皮下に注射します。1回接種で少なくとも5年間は効果が持続しますので、毎年接種する必要はありません。注射をした部分が赤くなったり、少し痛みが出ることがまれにあります。
今年はワクチンの供給数が減少していますので、接種希望の方は必ず事前に外来担当医か感染症科医にご相談・ご確認ください。

お問い合わせ
洛和会丸太町病院 総合診療科
075(801)0351(代)
洛和会音羽病院 感染症科
075(593)4111(代)


0912 (『おとまるクン』2009年12月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで