2010年01月08日

携帯電話(iPhone)での画像転送システムを導入

洛和会音羽病院脳神経外科では2009(平成21)年12月から携帯電話(iPhone、アイフォン)での画像転送システムを導入しました。これにより夜間など脳神経外科医が不在のときでも、救急患者さまの撮影画像を脳神経外科医に送信することが可能になりました。緊急の処置を必要とする患者さまに対し、より迅速に対応できるようになりました。画面サイズ(約3.5インチ)の大きいiPhoneを利用した画像ビューアは日本初の試みです。
これからもさらなる救急医療の充実とより質の高い医療の提供により地域の皆さまに安心と信頼を提供してまいります。

洛和会音羽病院 脳神経外科 副部長 西村英祥(にしむら ひであき)


1001_2(『おとまるクン』2010年1月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで



カテゴリー:広報誌「おとまるクン」 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。