2010年02月19日

洛和会音羽病院 母子センター所長 島川哲郎医師が講演

1002nesw3_2 洛和会音羽病院 母子センター所長の島川哲郎医師が12月16日、ハートピア京都(中京区)で開かれた「第4回京都市ファミリーサポートセンター講習会」で講師を務めました。
同講習会はファミリーサポートセンターの提供会員になるために必要な知識や技術を勉強するものです。島川医師が担当したのは「よくある子どもの急病と事故」の講義で参加した約20人を前に「何か様子が変だ!」と思ったときのチェックポイントなどを解説しました。
(洛和会ヘルスケアシステム 子ども未来事業部)

ファミリーサポートセンター事業とは…

厚生労働省が構想し全国の市町村に設立されたもので、京都市では2002(平成14年)から開始しています。育児の援助を受けたい人と援助を行いたい人が会員となって育児を助け合います。
相互援助活動の内容は、

  • 保育施設の保育開始前や保育終了後に子どもを預かる
  • 学校の放課後や児童クラブの終了後に子どもを預かる
  • 保育施設までの送迎を行う

といった活動を行います。
http://www.kyo-yancha.ne.jp/famisapo/


Otomaru1002 (『おとまるクン』2010年2月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や 病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベ ント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけ るようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプ ランニング TEL 075(593)7789 まで

カテゴリー:広報誌「おとまるクン」 | 更新情報をチェックする