2010年03月02日

あなたのお口の健康 守ります!

洛和会音羽病院 京都口腔健康センター センター長 横江 義彦(よこえ よしひこ)

1003yokoedr お口の健康と体の健康は深く関係しています。お口の健康が害されると、心疾患、糖尿病、骨粗しょう症、認知症、低体重児出産、早産、脳卒中、呼吸器疾患などを起こすリスクが高まることがわかってきました。
洛和会音羽病院の京都口腔健康センターでは、一般的な虫歯治療や歯周病治療からマイクロスコープを使用した精度の高い歯周外科治療まで行い、1本1本の歯を保存し、患者さまの健康管理を行っています。
現在の日本では虫歯が減り続けており、25年前の3分の1になっていますが、歯周病の有病率は30〜44歳の年齢で36%、45歳以上では58%といわれています。歯周病は細菌による感染症であり、歯を支えている組織が破壊される病気ですが、歯周病治療は進歩しており、予防もできるようになってきました。当センターでは歯周病専門医が重度歯周病の方の治療や個別指導を行っています。また、残念ながら歯を失った場合でもインプラント(人工歯根)をあごの骨の中に埋め込むことによって「第3の歯」を獲得し、歯の機能やかみ合わせを回復する治療も行っています。
さらに病院歯科の特性として、専門医が口腔外科的治療(埋伏歯の抜歯や顎関節症の治療など)や矯正学的治療(歯並びの修正、あごの位置修正)も行っています。また全身的な疾患により歯科治療が難しい方や障害のある方の歯科治療も歯科麻酔専門医が管理することで、より安全に行うことが可能になりました。
普段から歯を大切にし、お口の健康に気を配っていただくことが大事です。何かお悩みがある方は、京都口腔健康センターにお気軽にご相談ください。

洛和会音羽病院 京都口腔健康センター
お問い合わせ
075(593)4111(代)
ご予約
075(593)1329


201003 (『おとまるクン』2010年3月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や 病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベ ント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけ るようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプ ランニング TEL 075(593)7789 まで

カテゴリー:広報誌「おとまるクン」 | 更新情報をチェックする