2010年08月16日

最新式デジタルマンモグラフィ装置を導入

〜乳がんの早期発見のために〜

がん治療を目指す洛和会音羽病院では、年々増加する傾向にある、乳がんの早期発見のため、最新式デジタルマンモグラフィ装置を検診・精密検査用診断装置として導入しました。

Manmo

高画質

直接変換方式(FPD)の採用により、高精細でクリアな画質が得られます。

精密な情報ですばやい診断

石灰化のひとつひとつの形状はもちろん、淡い濃淡差も判断でき、より精密な診断が行えます。

検査時間が短くなりました

現像処理のいらないデジタル撮影のため、X線撮影後、数秒で画像がモニターに写し出され、検査時間が大幅に短縮されました。
また、撮影中のストレスと不安を限りなく取り除いた女性に優しい検査となっております。

検査は、全て女性技師が行います

Nyugan
(デジタルマンモグラフィで撮影した写真の一例)

お問い合わせは・・・

洛和会音羽病院 乳腺外来
TEL 075(593)4111(代)
午前8時30分〜午後5時(日・祝日を除く)

洛和会音羽病院 健診センター
TEL 075(593)7774
午前8時30分〜午後5時(日・祝日を除く)

カテゴリー:洛和会音羽病院 | 更新情報をチェックする