2011年05月16日

第51回らくわ健康教室「関節リウマチって何?」

5月10日に開かれたらくわ健康教室は、洛和会丸太町病院 救急・総合診療科 副部長で、医師の植西 憲達(うえにし のりみち)が、関節リウマチの原因や予防、治療方法について講演。最近では「早期に診断、治療して、寛解(かんかい)といわれる、ほぼ治癒した状態までに持っていける場合が多くなった。」と強調しました。


P_uenishi 植西講師の講演要旨は次の通りです。

関節リウマチとは

全身(特に手)の関節に痛みと腫れがあり、進行すると、関節が破壊され、日常生活が不自由になります。治療は簡単ではありませんが、ここ10〜20年の間で薬で進行を止め、「寛解」という治ったような状態まで治療できる場合が多くなりました。

関節リウマチの症状

さまざまな(ほとんどすべての)関節が侵されます。
全身疾患でもあり、発熱や食欲不振などの全身症状、心肺などにも炎症が起きることがあります。進行すると、関節と骨が破壊され、車いすの生活になることも。早い段階で食い止めることが重要です。

関節リウマチはなぜ起こる?

原因はよくわかっていません。
性別、生まれつきの素因、環境因子が関わっているなどさまざまな要因があります。
いろいろな病気と同様に、喫煙も大きな危険因子です。

関節リウマチは早期診断・早期治療の時代へ
(発症2年間の進行が最も速いので、破壊が進む前の強力な治療が重要です)

1987(昭和62)年に作られた関節リウマチの診断法の分類基準では、早期診断には限界がありましたが、2010(平成22)年に米国、欧州の合同学会で、早期診断のための基準が作られ、世界的にも早期診断、そして早期治療を行うという流れとなっています。

関節リウマチの治療 −寛解をめざして− 

  1. 痛みの改善
  2. 骨・関節の破壊防止
  3. 最終的にはほぼ治った状態をめざします

そのためには、早期治療が重要です。

リウマチを火事に例えると、ぼやのうちに消火するのが効果的であり、できれば半年以内、遅くても2年以内に十分な治療を行わないと、全焼(関節が破壊されて、取り返しがつかない状態)してしまいます。

治療の流れは

  1. 早期診断と早期治療
  2. こまめなチェック【1〜3カ月ごとに活動性<火の勢い>をチェック】
  3. 目標は寛解か低活動性
  4. 痛み止めと抗リウマチ薬<消火器>は効果が出るまで早いうちに十分に
  5. 3カ月経過後も活動性が高い場合は、生物学的製剤<消防車>を併用

リウマチの薬は一生続けなければならないのでしょうか?

早期にしっかり治療した場合、20〜30%の方が薬剤不要になります。ただし約半数は1〜4年間、薬剤を必要とすることがわかっています。もっと長期に薬が不要な状態が続けられるかはわかっていません。


ほかのらくわ健康教室の記事はこちら⇒らくわ健康教室 講演録3

カテゴリー:らくわ健康教室 | 更新情報をチェックする