2013年05月29日

京滋初!
高性能なCT装置(Flash)が洛和会音羽病院に!!

Ct128_blog 洛和会音羽病院では、ハイクラスの64スライスCT装置が稼働中ですが、さらにグレードの高いCT装置(Flash)が導入されました。

今回導入されたCT装置は、1度に撮影できる範囲が2倍(128スライス)になったことと、さらにX線発生装置(管球)が2個搭載されたことで、従来のCTでは8秒前後息を止めて撮影していた肺の検査が、なんと、超高速モードで0.6秒と閃光(Flash)のような速さで撮影可能になりました。息止めが困難な患者さまや小さいお子さまでも、高精度な検査を短時間で楽に受けていただくことができます。
さらに、心臓CT検査には、64スライスCTでは検査できなかった症例(高心拍、石灰化)にも対応できる機能が備わり、質の高い検査が行えます。
ハイクラスCT装置が2台稼働することで、待ち時間が短縮され、最新鋭のCT装置導入により、さらに質の高い医療を提供することが可能です。

カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする