2015年12月26日

ICLSコースを開催 〜急変に対応するために〜

11月27日と12月4日に、洛和会音羽リハビリテーション病院 在宅医療支援センター センター長の谷口洋貴医師を講師にICLSコースが開催され、医師や看護師など同病院職員が参加しました。
ICLSコースとは、日本救急医学会限定の医療従事者のための蘇生トレーニングコースです。実技実習を中心とした内容で、受講者は少人数のグループに分かれて実際に即したシミュレーション実習を繰り返し、蘇生のために必要な技術や蘇生現場でのチーム医療を約1日をかけて身につけました。
複数疾患のある患者さまの多くが急変(心停止)に至る可能性があります。慢性期医療を担う洛和会音羽リハビリテーション病院では、そのような事態にも対応(蘇生)が行えるスタッフの教育を行っています。
今後は、同病院だけでなく洛和会音羽病院との合同開催も検討しています。

5035.jpg
カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする