2016年05月10日

看護週間イベント:
洛和会丸太町病院で救急看護認定看護師が相談会を実施

5月12日(木)の看護の日(ナイチンゲールの生誕日)にちなんで、今年は5月9日から5月14日までが看護週間になっており、洛和会丸太町病院でも看護師が活動を行っています。

9日は、救急看護認定看護師の倉本真智子(3病棟所属)と森和美(救急外来所属)が担当し、来院された患者さまに、心臓マッサージの方法や骨折時の応急手当ての方法をお伝えしました。

参加者のなかには、「倒れている人に対して心臓マッサージをして何かあったら困るから私はできない」と話されている方もいましたが、「人を呼びに行く」や「119番に通報する」、「AED(自動徐細動器)を取りに行く」など、心臓マッサージ以外にもできることがあるなどの説明を受け、「これから動けるように気を付けます」と話されていました。

また、以前に登山中に骨折し、どうしたら良いかわからなかったという参加者の方には、周りにある枝やダンボール、ひもなどを用いて固定する方法を、パンフレットを用いて説明させていただきました。

01.jpg02.jpg03.jpg

看護週間期間中は、手術看護認定看護師、重症集中ケア認定看護師、皮膚排泄ケア認定看護師、感染管理認定看護師が日替わりで皆さまをお待ちしております。

<看護週間スケジュール>
  • 5月9日:一次救命処置 〜心肺蘇生法について〜
  • 5月10日:『手術室』ってどんなところ?
  • 5月11日:知って防ごう! 動脈硬化
  • 5月12日:いつも身近にある感染の脅威
  • 5月13日:正しく測れていますか? 血圧と脈拍
カテゴリー:洛和会丸太町病院 | 更新情報をチェックする