2016年12月16日

特殊詐欺の啓発活動を実施 〜警察本部長感謝状をいただきました〜

洛和会丸太町病院が京都府警察から特殊詐欺被害抑止モデル事業所(H28.3.8 第1号指定)として指定されて以降、同病院をはじめとする洛和会ヘルスケアシステムの各事業所にて継続して啓発活動に取り組んでいます。
振り込め詐欺などの特殊詐欺はご高齢の方が標的となりやすく、実際に被害者のうち約7割が65歳以上といわれています。
当会では偶数月の15日の年金支給日に合わせて啓発活動を行っており、12月15日(木)も年金支給日に合わせ、振り込め詐欺撲滅の啓発チラシなどを各事業所で配布しました。

洛和会丸太町病院では、日本女子プロ野球 京都フローラの選手とともに配布し、患者さまも熱心に目を通されていました。
maruta_tokusyu01.jpg maruta_tokusyu02.jpg
maruta_tokusyu03.jpg

そのほか洛和会音羽病院洛和会音羽記念病院洛和会音羽リハビリテーション病院洛和会東寺南病院などでも配布していました。
(写真は左が洛和会音羽病院、右が洛和会音羽リハビリテーション病院での様子)
otowa_tokusyu.jpg reha_tokusyu.jpg

また、同日に京都府警察本部にて「特殊詐欺被害抑止活動に対する警察本部長感謝状贈呈式」が執り行われ、当会 理事長の矢野一郎が京都府警察本部長から感謝状を受け取りました。特殊詐欺被害防止に向けて、洛和会丸太町病院を中心として、警察、行政、地域、病院、介護施設が一体となり活動を行っている功績が認められ受賞の運びとなりました。

hyosho.jpg

hyosho2.jpg

今後も当会全体で、安心・安全の地域づくりに取り組んでいきます。
カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする