2020年01月16日

洛和会音羽病院で消化器疾患症例検討会 開催

2019年12月12日(木)、洛和会音羽病院で消化器疾患症例検討会が開催され、同院の医師18人と開業医の先生8人が参加しました。

まず、洛和会音羽病院 消化器内科・消化器内視鏡センター センター長の蘆田潔が「ESD後に追加外科切除を行った早期大腸癌の1例」を発表した後、片岡医院 片岡正人院長から、内視鏡動画を交えながら消化器内の腫瘍切除の症例を解説していただきました。さらに、今井内科胃腸科医院 今井昭人院長から、悪性リンパ腫の一種であるマントル細胞リンパ腫の症例をご紹介いただきました。
200110syourei01.jpg

200110syourei02.jpg

外科的な症例としては、洛和会音羽病院 外科 医員 吉村直生が膵炎を契機とした早期膵癌の症例、同じく同科 医長 水野克彦からは虫垂憩室穿孔の症例を紹介しました。
200110syourei03.jpg

症例ごとに、消化器内科・外科の専門医や放射線科医、病理医から所見が述べられたほか、参加した開業医の先生方からも盛んに質問が出るなど、参加者は多種多様な消化器疾患の症例に触れる良い機会となりました。

200110syourei05.jpg

カテゴリー:洛和会音羽病院 | 更新情報をチェックする