2020年01月20日

洛和会丸太町病院・京都市朱雀地域包括支援センター 医療介護合同研修会を開催

1月16日(木)に、洛和会丸太町病院にて、京都市朱雀地域包括支援センターの圏域にある居宅介護支援事業所などのケアマネジャー(以下 ケアマネ)を対象にレスパイト入院についての研修会を開催し、11人のケアマネさんにご参加いただきました。
caremane01.jpg

始めに、レスパイト入院について説明しました。
同院では、2018年10月からレスパイト入院の受け入れをスタートし、現在8床で運営しています。
caremane02.jpg

レスパイト入院とは、ご自宅で介護をされている方が一時的に介護から手を放し、休息していただくために、介護者を病院で受け入れるサービスです。冠婚葬祭や旅行などで介護ができない場合にも利用できます。
caremane03.jpg
皆さん熱心にメモを取っておられました。

最後に意見交換会を行い、費用や入院期間、さらに具体的な利用方法について多くの質問が飛び交いました。ケアマネさんたちの利用者さんに対する熱い思いが伝わってきました。
caremane04.jpg

当会が毎月発行している広報誌『月刊おとまるくん』の3月号では、レスパイト入院を受け入れている洛和会丸太町病院、洛和会音羽病院洛和会音羽リハビリテーション病院の職員が登場し、レスパイト入院について詳しくご紹介する予定です。発行は3月1日です。ぜひお手に取ってご覧ください!

カテゴリー:洛和会丸太町病院 | 更新情報をチェックする