2020年05月11日

洛和会音羽リハビリテーション病院の感染予防対策

洛和会音羽リハビリテーション病院では、新型コロナウイルス感染症拡大防止に、全職員で取り組んでいます。今回は対策の一部をご紹介します。

来院された患者さんに検温をお願いしています。
200511_otoreha_01.jpg

患者さんの額に当たらない程度に測定器具を近づけて、検温します。
200511_otoreha_02.jpg

また、職員食堂では食事前の手洗いの徹底や、机を背中合わせに配置をすることで飛沫感染を予防しています。
密になりやすい昼食時間帯は扉を開放し、窓も常に開けて換気を行っています。
200511_otoreha_03.jpg

200511_otoreha_04.jpg

他にも

  • 食事中の会話の自粛
  • 休憩時間のマスクの着用
  • 定期換気と院内アナウンス
  • 会議での三密会議

などを実施しています。

患者さんの安心のため、職員の安全のため、今後も徹底した対策を行ってまいります。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。