2020年12月15日

洛和会音羽病院 入退院支援センターの壁面に心温まるホスピタルアートが登場

11月24日(火)、洛和会音羽病院 入退院支援センター内の壁面に、チョウや鳥が飛び交う花々などの自然豊かなアートが描かれました。

201215_01.jpg

専門のホスピタルアート作家に交じって、同院の医師や看護師なども制作に参加。専用の絵の具で思い思いにチョウを描きました。
「デザインに個性がでて、おもしろい」「壁面を見るたびに描いた日のことを思い出すね」など、参加したスタッフは一様に描いたアートに対して愛着が沸いているようでした。

201215_02.jpg

同センターは入院時のオリエンテーションなどで患者さんにご利用いただいています。
温かみのあるアートが緊張をほぐし、少しでも心を癒やしてもらえるのではないかと期待されています。

201215_03.jpg

201215_04.jpg
カテゴリー:洛和会音羽病院 | 更新情報をチェックする