2020年12月18日

洛和ホームライフ四ノ宮
高校生から届いた感染症予防啓発シールに感謝

京都市でも新型コロナウイルス感染症の感染者が増加しており、重症化しやすい高齢者が生活する介護付有料老人ホーム 洛和ホームライフ四ノ宮では、引き続き感染予防対策を徹底しています。そんな中、京都府立洛東高校の生徒さんたちから少し早いクリスマスプレゼントをいただきました。

201217_hl-shinomiya-01.jpg

コロナ禍で、地域の役に立てないかと考え、手作りの新型コロナウイルス感染症予防啓発シールを作ってくれたのは同校のプログレスコース医療科学系3年生の13人の生徒さんたち。
施設内のいろんなところに貼れるようにと、普通の紙タイプと防水タイプ2種類のシールを作成してくれました。
201217_hl-shinomiya-02.jpg

201217_hl-shinomiya-03.jpg
生徒さん一人一人の思いがこもった手描きイラストのシールです。

201217_hl-shinomiya-04.jpg

感染予防のため、生徒さんたちは施設内に入ってもらえません。入居者さんは施設の中から笑顔で手を振り、ご覧になっていました。

受け取った施設長は、感謝と喜びの気持ちとともに「シールを館内に貼り出し、これからの寒い時期も手洗い・換気に努めて、入居者さん・職員一同、感染症を予防します」と話しました。

京都府立洛東高校の皆さんありがとうございました。
201217_hl-shinomiya-05.jpg



カテゴリー:介護 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。