2010年08月18日

洛和会丸太町病院 整形外科を充実!!

〜手と足の専門医に加えて脊椎専門医も常勤〜

洛和会丸太町病院 整形外科では、7月1日から常勤医師を1人増員し、3人体制になりました。手と足の専門医に加え、脊椎の専門医が加わることで、より幅広い疾患に対応できるようになりました。

洛和会丸太町病院 整形外科 医長 澤村 和秀(さわむら かずひで)

1008seikei洛和会丸太町病院 整形外科の脊椎外科の専門医として赴任いたしました。私は主に腰痛、坐骨神経痛、足、手のしびれや痛み、首の痛み、歩行困難など、頸椎、胸椎、腰椎の疾患を担当しています。これら脊椎の病気は、まず、薬物療法、装具療法、神経ブロック、リハビリテーションによる「保存的治療」を行いますが、改善しない場合には手術を行うことがあります。
今回、京都府立医科大学の整形外科学教室と連携し、「脊椎センター」を設立することで、洛和会丸太町病院でも顕微鏡や内視鏡を用いた、体に負担の少ない手術ができるようになりました。これらの手術は筋肉への損傷を少なくすることで、体への負担が少なくなり、術後の早期社会復帰が可能です。
洛和会丸太町病院では、手、足、脊椎の専門医が皆さまをサポートいたします。お悩みの方は、一度ご相談ください。

お問い合わせ

洛和会丸太町病院 整形外科
075(801)0351(代)

ご予約
洛和会丸太町病院 予約センター
0120(489)244


1008otomaru (『おとまるクン』2010年8月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプ ランニング TEL 075(593)7789 まで

カテゴリー:広報誌「おとまるクン」 | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

知っていますか? むずむず脚症候群

洛和会音羽病院 神経内科 部長 猪野 正志(いの ただし)

1008ino_2むずむず脚症候群とは、下肢、特に膝から下(下腿部、かたいぶ)に「ムズムズする」「ゾワゾワする」「ジンジンする」などの不快な感覚を覚え、脚を動かさずにはいられなくなる疾患です。

夜間に悪化するため、単に症状自体が不愉快であるだけでなく、寝付きが悪い、ぐっすりと眠れない、途中で目覚めるなど不眠の原因となります。聞いたこともないような奇妙な名前の病気と思われるかもしれませんが、悩んでいる方は非常に多く、日本の人口の2〜5%(約200〜600万人)がかかっているといわれています。一般の人を対象とした最近の大規模な調査では8%にこの病気の疑いがありました。しかし、実際に病院を受診する人はそのなかのわずか5%程度で、残りの95%の方が治療を受けないままとなっています。
原因はまだ明らかではありませんが、脳内の神経伝達物質の1つであるドパミンや鉄の不足が関係しているといわれ、ドパミンの働きを助ける薬などが有効です。この疾患は一般の人にはおろか、医師の間でもあまり知られておらず、3割程度の医師しか知らないというデータもありますが、神経内科の医師なら100%知っています。上記の症状に思い当たる方は、一度神経内科を受診してください。

お問い合わせ
洛和会音羽病院 神経内科
075(593)4111(代)
洛和会みささぎ病院 神経内科
075(581)6221(代)
ご予約
洛和会音羽病院 予約センター
0120(489)300


1008otomaru (『おとまるクン』2010年8月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプ ランニング TEL 075(593)7789 まで

カテゴリー:広報誌「おとまるクン」 | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

夏の虫刺され 〜ハチ刺されは怖い? 〜

洛和会音羽病院 皮膚科 医員 清水平 ちひろ(しみずひら ちひろ)

夏はキャンプやハイキング、山登りなど、アウトドアで楽しむ人が増える時季ですが、虫に刺される人も増える季節です。

1008hachi 虫刺されとは、虫が刺す、かむ、または触れることにより生じる皮膚の反応です。虫といっても、蚊、ぶゆ、毛虫やアリなどいろいろな種類がありますが、中でも「刺されると危ない」とよくいわれるハチ刺されにスポットをあててみます。
スズメバチやアシナガバチの雌には毒針があり、刺されると毒液が注入されます。初めて刺された場合は毒成分の刺激によって痛み、赤み、腫れが出現します。また、過去に刺された経験があると、アレルギー反応による炎症症状(かゆみ、赤み、数日経ってからの腫れ)が起こり、数日間症状は続きます。
非常にまれなことですが、「アナフィラキシーショック」といって、刺されてからじんましん、気分不良、吐き気、呼吸困難などの全身症状が出ることがあり、これが「刺されると危ない」といわれるゆえんです。この場合は速やかに医療機関を受診してください。
そのような事態を避けるために、ハチが近づいた時には急な動きをせず、ゆっくりとハチから離れるようにしましょう。また、ハチに刺された場合には安全な場所に移動し、刺された場所を流水で洗い、その後、安静にして冷やしましょう。

お問い合わせ
洛和会音羽病院 皮膚科
075(593)4111(代)

ご予約
洛和会音羽病院 予約センター 
0120(489)300


1008otomaru (『おとまるクン』2010年8月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプ ランニング TEL 075(593)7789 まで

カテゴリー:広報誌「おとまるクン」 | 更新情報をチェックする