2008年03月04日

〜カルシウムたっぷり〜カレイの骨までカリッと揚げ 甘酢ソース

Shimakawa
洛和会音羽病院
母子センター 所長

NST委員長
島川哲郎
071205sugimoto
洛和会音羽病院
栄養科

(管理栄養士)
杉本友佳

Karei

材料(4人分)

  • カレイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4尾
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 片栗粉・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
  • 揚げ油・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
  • 酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ3
  • 醤油・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ3
  • 砂糖・・・・・・・・・・・・・・大さじ1.5
  • みりん・・・・・・・・・・・・・大さじ1.5
  • ゴマ油・・・・・・・・・・・・・大さじ1弱
  • 白ネギ・・・・・・・・・・・・・・・1/2本
  • 生姜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1片
  • 赤唐辛子・・・・・・・・・・・・・・・・少々

作り方

  1. カレイの表面に包丁を直角にたて、尾から頭に向かってこそげるようにしながら、ぬめりとうろこをとる。
  2. ワタをきれいにとり、冷水で洗って裏表に切り目を入れ、水気を切って塩をしておく。
  3. カレイの全体に片栗粉をまぶし、よくはたいて余分な粉を落とす。
  4. 揚げ油を170℃に熱し、カレイを1尾ずつじっくり15分ほどかけて揚げていく。
  5. 揚げている間に、白ネギ1/4本と生姜をみじん切りにし、酢、醤油、砂糖、みりんを混ぜておく。
  6. 中華鍋かフライパンにごま油を引き、唐辛子、みじん切りにしたネギと生姜を弱火でじっくり香りを出しながら炒める。
  7. 6に混ぜ合わせた甘酢を加え、軽く煮立ってきたら水溶き片栗粉を加えてトロミをつけておく。
  8. 揚がったカレイに甘酢ソースをかけ、その上に残りの分量の白ネギを白髪ネギにし、のせる。

※甘酢の分量の砂糖とみりんのかわりに、はちみつをつかってもコクがでて美味しく仕上がります。
※骨までまるごと食べるには、低温でじっくり揚げることがポイントです。焦らず時間をかけて揚げましょう。

  • エネルギー(1人分):259kcal
  • タンパク質:20.6g
  • 脂質:11.3g
  • 炭水化物:17.6g
  • カルシウム:約150mg

カルシウム
カルシウムは骨や歯の主成分であると共にいろいろな器官の機能に関与する非常に大切な栄養素ですが、現代人に最も不足しているミネラルの1つです。体内ではその99%が骨や歯に存在しますが、残りの1%は血液中に存在し、出血を防いだり、筋肉の収縮や神経細胞の伝達を助けたりして生命の維持や活動に重要な役割をしています。
特に乳児期や思春期、妊娠中などは不足になりがちなため、意識してカルシウムを摂取するように心掛けましょう。
カルシウムは牛乳、チーズ、しらす干し、干しえび、大豆、ヒジキ、モロへイヤなどに多く含まれます。ごはんや麺類などの糖質と一緒に摂ると効果的です。


0803otomaru (『おとまるクン』2008年3月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで

2008年01月07日

〜ビタミンK〜ピリカラ納豆豆腐

Shimakawa洛和会音羽病院
母子センター 所長

NST委員長
島川哲郎

Okuda 洛和会音羽病院
栄養科

奥田聖子

Tofu_5

材料(4人分)

  • 豆腐・・・・・・・ 1丁(250g)
  • 納豆・・・・・・1パック(40g)
  • ザーサイ・・・・・・・・・・・40g
  • 細ネギ・・・・・・・・・・・・・3本
  • マヨネーズ・・・・・大さじ2杯
  • 醤油・・・・・・・・・小さじ1杯
  • ラー油・・・・・・・・・・・・適量
  • ゴマ・・・・・・・・・・・・・・適量

作り方

  1. 豆腐を4つに切る。
  2. 細ネギは小口切りにしておく。
  3. 納豆を包丁で細かくたたく。
  4. ザーサイはみじん切りにする。
  5. 納豆、ザーサイ、マヨネーズ、醤油を混ぜ合わせる。
  6. 器の豆腐に5.を乗せ、ネギ、ゴマをかける。
  7. ラー油を好みの量ふりかけて完成。
  • エネルギー(1人分):118kcal
  • ビタミンK :350μg
  • ビタミンC :1.1mg

ビタミンK
私たちの体では食品から摂取するビタミンK、と体内の腸内細菌が合成したビタミンKとの両方を利用しています。
ビタミンKは、出血した時に血液を固めて止血する因子を活性化する役割をします。また、骨の健康維持にも不可欠で、骨にあるたんぱく質を活性化し、骨の形成をうながすことも知られています。
納豆に非常に多く含まれています。そのほか、緑黄色野菜にも多く含まれているので、日常の食事で適量を摂取しましょう。


(『おとまるクン』2008年1月号より)Otomaru0801_4
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで

2007年12月05日

〜ビタミンE〜鰻とアボカドのミルフィーユ

Shimakawa
洛和会音羽病院
母子センター 所長

NST委員長
島川哲郎
071205sugimoto
洛和会音羽病院
栄養科

(管理栄養士)
杉本友佳

071205kansei

材料(4人分)

  • 鰻の白焼き ・・・・・・・・・・・・・1尾
  • アボカド・・・・・・・・・・・・・・・・1個
  • パプリカ 赤と黄 ・・・・・・・・各1個
  • 松の実・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 明太子・・・・・・・・・・・・・・・・片腹
  • マヨネーズ・・・・・・・・・・・大さじ3
  • 白ワイン・・・・・・・・・・1/2カップ
  • オリーブオイル・・・・・・・・大さじ3
  • バルサミコ酢 ・・・・・・・・ 小さじ4
  • ワインビネガー・・・・・・・・小さじ4
  • 醤油 ・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1 
  • 砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • コショウ・・・・・・・・・・・・・・・・少々

作り方

  1. パプリカは焦げるまで表面をあぶり、薄皮をむいて適当な大きさに切る。
  2. オリーブオイル、バルサミコ酢、ワインビネガー、醤油、砂糖、塩少々、コショウ少々を混ぜ合わせ、パプリカを漬け込み、冷蔵庫でよく冷やしておく。
  3. アボカドは乱切りにして、皮を除いた明太子、松の実、マヨネーズと和えておく。
    この時、アボカドは半分くらいつぶれるようにするとよい。
  4. 鰻の白焼きは縦半分にして6〜7mm幅に切り、軽く塩コショウをして白ワインで蒸し焼きにした後、冷ましておく。
  5. 皿にアボカド、鰻、パプリカの順に重ねて盛り付ける。
  6. パプリカを漬け込んだソースを、盛り付けたまわりにかける。
  7. 好みでハーブを飾る。
  • エネルギー(1人分):332kcal
  • ビタミンE :7.3mg
  • ビタミンC :71mg

ビタミンE
ビタミンEは脂溶性ビタミンの1つで、その代表的な働きに抗酸化作用があります。この作用により、発がん物質の原因となる活性酸素を撃退し、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こすコレステロールや中性脂肪の増加を防いで体の老化を食い止めてくれます。また、女性ホルモンの分泌を活発にさせる作用もあり、生理痛や生理不順、不妊などの改善に効果があるといわれています。
アーモンドや落花生などのナッツ類、カボチャ、ヒマワリ油、アンコウの肝、マイワシ、タラコ、筋子などに多く含まれます。
ビタミンEはビタミンCと同時に摂取することでより効果が上がるため、それらを組み合わせたレシピを工夫するとよいでしょう。


(『おとまるクン』2007年12月号より)
Otmarukun0712_2「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで