2019年06月04日

南太秦ふれあいサンデーモーニングカフェで洛和会丸太町病院の管理栄養士による講演を行いました

6月2日(日)に京都市立南太秦小学校で、南太秦自治連合会による「南太秦ふれあいサンデーモーニングカフェ」が開催され、洛和会丸太町病院地域連携課スタッフ管理栄養士が参加しました。

管理栄養士による「ご飯をいつ、何を食べるのか」という「時間栄養学」にもとづいた楽しい勉強会とクイズを行いました。予定時間を過ぎても質問が途切れないほど、非常に活気がある自治会行事になり、洛和会丸太町病院のPRをさせていただくことができました。
maruta_smcafe2.jpgmaruta_smcafe1.jpg

南太秦自治連合会や地域住民の皆さん、ありがとうございました。
maruta_smcafe3.jpg


カテゴリー:洛和会丸太町病院 | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

南太秦三世代ふれあい春まつりに参加しました

4月21日(日)に、京都市立南太秦小学校で「南太秦三世代ふれあい春まつり」が開催され、洛和会丸太町病院の地域連携課のスタッフ、洛和メディカルスポーツ京都丸太町の健康運動指導士が参加しました。

当日は、健康運動指導士による「握力測定」を中心に体力測定を行い、100人以上の方がブースにご来場くださいました。

190421_harumatsuri_01.jpg

190421_harumatsuri_03.jpg

また、健康運動指導士が「サギの流行歌」に合わせダンスを行い、平安騎馬隊が参加するなど、とても活気がある祭りとなりました。

190421_harumatsuri_05.jpg

190421_harumatsuri_04.jpg

地域住民の方々に洛和会丸太町病院、洛和メディカルスポーツ京都丸太町のPRをさせていただくことができました。ありがとうございました。

190421_harumatsuri_02.jpg


カテゴリー:洛和会丸太町病院 | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

小学生が考えた標語の交通安全看板を寄贈

3月15日(金)に京都市立朱雀第二小学校で交通安全看板の贈呈式が行われ、洛和会丸太町病院 院長の細川 豊史、管理部長の疋田 健、地域連携課のスタッフが参加しました。

交通安全看板は、少なくとも10年以上前から朱二自治連合会および交通安全ボランティアからの依頼で設置していましたが、今回は老朽化した看板を付け替えるにあたり、朱雀第二小学校の3年生の児童たちが考案した標語を採用しました。

贈呈式では院長の細川と管理部長の疋田から標語を作った児童に看板が手渡され、児童代表や関係者の皆さんからお礼の言葉を頂きました。

「子どもたちに安全に通学してもらいたい」という思いは、児童の保護者の皆さんはもちろん、小学校の先生方や『朱二安心・安全みまもりたい』の皆さんなど、地域で暮らす方々の共通の願いでもあります。そんな大人たちの思いや願いが詰まった交通安全看板を、丸太町通りや七本松通りの通学路に設置することで、同院が地域の皆さんの安全を守るお手伝いに少しでも貢献できれば幸いです。

同院は地域に根差した急性期病院として、今後も地域の皆さんの安心・安全な暮らしに寄り添った活動を継続いたします。
190320kotsuanzenkanban.jpg

カテゴリー:洛和会丸太町病院 | 更新情報をチェックする