2010年01月19日

謎を推理

洛和会音羽病院 神経内科
医員 宇佐美 清英(うさみ きよひで)

1001drsmile 映画が好きなんですが、6歳と4歳の息子たちと観るのはアニメ映画。サスペンスものや推理ものなどは、DVDで独りで観ています。サスペンスに限らず、謎を追いながら展開する映画が好きで、職業柄か、リアリティの感じられない演技は気になってしまい、人間の細やかな心の動きをたくみに描き出した映画には感銘を受けます。おすすめの映画はたくさんあるんですが、『ライフ・イズ・ビューティフル』は良かったです。主演男優の「息子のために演技する」演技が見事。映画の冒頭で感じる違和感に、すべて理由があることがだんだんわかるんです。自分にも息子がいるので、よけいに感動するのかもしれません。
もともと推理し論理的に考えを進めることが好きですね。脳に興味を持ち、脳外科に進むか迷ったんですが、人と接して話すこと、そしてやはり「推理」が好きなので、患者さま全体を見た直感や印象を大事にしながら、脳の働きと結び付けて科学的にアプローチする神経内科を選びました。
神経内科医になってみて、謎や未知の多い脳と神経の世界に対し、科学的に切り込でいくことに興味が尽きません。「興味」というと患者さまには語幣(ごへい)があるかもしれませんが、自分の探究がちゃんと患者さまの治療につながるようにと思っています。


1001_2(『おとまるクン』2010年1月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで

2009年12月24日

患者さまとゆっくり・長く

洛和会音羽記念病院 緩和ケア科 医員 諏訪 直子(すわ なおこ)

0912smile 休日は2歳の息子といつも一緒に過ごしています。息子は電車が大好きなので、よく一緒に電車で出かけたりしています。最近、言葉も増えてよくしゃべるようになってきたので会話もはずんで楽しいですよ。
若いころ打ち込んでいたのはクラシックバレエです。友だちが近所のバレエ教室で習っていたのがきっかけで習い始めて、15年間続けました。あのころは体の柔軟性を保ったり、やせるためにいろいろと苦労もしました(笑)。もうバレエを踊ることはできませんが、劇場で鑑賞するのは今でも好きです。
祖父も父も耳鼻科医で、耳鼻科にも興味はあったのですが、学生のころからホスピスに興味をもっていたこともあり、患者さまやご家族とゆっくり、深くかかわれる診療科が自分に合っていると思い、緩和ケア科に決めました。
緩和ケアは病気に伴う痛みや苦しみを和らげることを優先する医療で、患者さまが病気を抱えながらもご自分らしく過ごしていただくために、とても大事な役割を果たします。患者さまのさまざまな苦痛をすべて和らげることは難しいですが、少しでも患者さま、ご家族にとって有意義な時間を過ごしていただけるように、多職種チームでのかかわりを心掛けています。
これからよりいっそう他診療科と連携を密にとって、より多くの患者さまのお役に立ちたいと思っています。


0912 (『おとまるクン』2009年12月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで

2009年11月10日

目下子育て中!

洛和会丸太町病院 整形外科 医長 牧 昌弘(まき まさひろ)

0911makidr_3 この7月に第2子が生まれ、もうすぐ4歳になる娘と生後2カ月の娘の世話に毎日明け暮れています。最近はもっぱらそれしかしてませんね。上の子はお姉さんらしくしようとする半面、やはりやきもちを焼いたりするので、なるべく接する時間を増やすようにしています。休日は一緒に公園に行ったり、ままごとなどをして遊び、平日も家へ帰ったらお風呂に入れて、一緒に寝るのが日課です。
そんな毎日ですが、日々子育ての難しさを実感しています。最近になって子育ての本を読んだりしていますが、読んで「なるほど」とは思っても、実践するのはすごく難しいんです。感情に任せて子どもをしかってしまったりして、あとで「あかんかったなー・・・」と反省することもあります。子育てをしていると、自分に足りないことにも気づかされます。
私がちょうど今の上の子と同じ歳のときに、整形外科医の父が開業。ずっと見てきた父と同じ職業をめざすようになったのはごく自然なことで、ほかの専門にも興味はありましたが、実習でやっぱり整形外科が一番しっくりきました。整形外科はひざ・腰の専門の方が多いですが、私は足を専門としています。まだ駆け出しですが、足の治療を極めるため、日々精進していきたいと思います。


0911otomarukun (『おとまるクン』2009年11月号より)
「おとまるクン」は患者さま・利用者さま向けの広報誌です。健康管理や病気の治療に関する解説を中心に、医療・介護施設の紹介やイベント情報などを掲載しており、毎月1日に発行しています。
洛和会ヘルスケアシステムの各施設の入り口にラックを設置し、自由に持ち帰っていただけるようになっていますので、来院・来所された際にはぜひ手にとってご覧ください。

■広報誌「おとまるクン」についてのお問い合わせは
アールプランニング TEL 075(593)7789 まで