2019年12月02日

洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部×京都橘大学(谷口ゼミ)高齢者向けツーリズム第3弾実施

11月9日(土)に、洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部と京都橘大学 現代ビジネス学部 都市環境デザイン学科 谷口知司教授ゼミ(観光学)との連携企画「繋ぐ! 広がる! 地域の輪! 施設高齢者向けツーリズム」の第3回目を開催いたしました。

昨年3月に初開催され、学生が専門分野である観光学の知識を生かし、洛和ホームライフ音羽の入居者さんと一緒に楽しめるツアーを企画するものです。今回は入居者さん9人と学生さん10人、教授1人、介護事業部から10人が参加しました。
191113tourism01.jpg

京都市外に出て、宇治まで足を運び、世界遺産・平等院を拝観しました。10円玉と実物を見比べ、感嘆の声を上げる一幕も。
昔訪れた入居者さんもおられ、今との違いを学生さんに教えていました。砂利道では車いすが押しにくく、学生さんが力を込めて押しました。
191113tourism02.jpg

191113tourism03.jpg

その後訪れた「和夢茶Cafe」は古民家を改造した、京都ムード満点のカフェ。本場・宇治のお茶を使った、抹茶スイーツに舌鼓を打ち、会話も弾みます。
併設されている和雑貨専門店「和夢兎」では、お香の匂いを交互にかぎ、感想を言い合っていました。車いすから手が届かないものは学生さんが助けます。
191113tourism04.jpg

191113tourism05.jpg

最後は宇治川を通って帰途へ。水のせせらぎを聞きながら、紅く色づき始めた木々を見渡し、「空気がおいしい」との声も上がりました。
191113tourism06.jpg

今回は前回までと比べ、徒歩ルートが長く、歩行・車いす介助をする場面も多くありました。学生さんはツアー前に、洛和ホームライフ音羽で職場体験高齢者疑似体験をし、高齢者への配慮の仕方を学びました。誰しもが地域の中で高齢者と関わることが必要とされている昨今。若いうちから、自分が高齢者とどう関わっていくかを考えることが大切です。

今回リーダーを務めた学生さんは、「事前に洛和ホームライフ音羽で、障がいを持つ方への周囲の理解の大切さや、いかに高齢者に身体的負担がかかっているかを学び、町を見る目線が変わりました。その学びを生かせるよう、ツアーでは声掛けや車いすの押し方を工夫しました。入居者さんの笑顔が印象的で、ぜひ今後も続けていきたいです」と振り返りました。

高齢者の生きがいづくりと次世代育成を見据え、当会は今後も地域の教育機関と連携し、超高齢社会への役割を果たしていきます。

〈ご協力大学・企業〉



カテゴリー:介護 | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

洛和会ヘルスケアシステム 70周年イベント「共生 〜今さら共生? 今だから共生〜」 開催します!

洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部では、11月30日(土)に洛和会ヘルスケアシステム 70周年イベントとして「共生 〜今さら共生? 今だから共生〜」をテーマに、共生型サービスの先駆けとなるNPO法人「このゆびとーまれ」 理事長 惣万 佳代子 氏を講師に招き、当会の職員を交えた講演会を開催します。

「共生」とは子どもから高齢者、そして障害のある方がお互い支え合いながら共に生きていくこと。誰もが安心して暮らせる社会の実現に向けてさまざまな分野が連携して支援をすることが必要不可欠となる今、共生をテーマにしたイベントを開催します。どなたでも無料でご参加いただけます。ぜひお越しください!

共生イベントチラシ
チラシを見る[PDF(2.4MB)]

日時

2019(令和元)年11月30日(土)

午後1時30分〜午後4時10分(受付は午後1時から)

会場

みやこめっせ 京都市勧業館 特別展示場A/B
(京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1)

交通アクセス

  • 地下鉄東西線「東山駅」より徒歩約8分

定員

250人(先着順)

参加費

無料
※当日、高齢者臨時デイサービス、託児所を準備しています。

お申し込み

※受付は終了いたしました

内容

第1部 講演会と各部門取り組み発表

「あったか地域の大家族 〜富山型デイサービスの25年〜」

講師:惣万 佳代子 氏

講師:惣万 佳代子 氏
(富山ケアネットワーク会長、宅老所・グループホーム全国ネットワーク代表世話人、富山大学非常勤講師)

講師プロフィル:

1951(昭和26)年 富山県生まれ。富山赤十字病院にて長年看護師を務め、退職後の1993年 民営デイケアハウス「このゆびとーまれ」を開所。 子ども、お年寄り、障がい者が一つ屋根の下で過ごす「富山型デイサービス」を始める。1999年 県内初のNPO法人となり、現在、NPO法人デイサービス「このゆびとーまれ」理事長を務める。
内閣府 第1回女性のチャレンジ大賞受賞や、内閣府総理大臣表彰、第45回フローレンス・ナイチンゲール記章受賞など数多くの賞を受賞している。

※第2部のディスカッションにもご参加いただきます。


第2部 取り組み発表とディスカッション

テーマ「共生 共に支え 共に生きる」

コメンテーター:

  • 惣万 佳代子 氏

コーディネーター:

発表者:

フィナーレ

テーマ曲「夢をあきらめないで」合唱 (会場全員で)

お問い合わせ

洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部

〒600-8461 京都市下京区仏光寺通油小路東入ル木賊山町171
TEL:075(353)5802(代)
FAX:075(353)5810

主催

洛和会ヘルスケアシステム

後援

京都市、京都市教育委員会、京都市社会福祉協議会、京都新聞

カテゴリー:介護 | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

洛和ホームライフ音羽にて「注文をまちがえるかもしれないおでん屋さん」を開催

10月26日(土)、洛和ホームライフ音羽にて、当会の介護施設を利用されている、認知症の状態にある利用者さんがスタッフとして働く1日限りのおでん屋さんを開店しました。

191026_oden_01.jpg

認知症の状態にある方が働くことで人と接したり、社会とつながることができたり、さまざまな可能性を引き出したいとの思いで企画しました。

191026_oden_02.jpg

参加された利用者さんは「慣れないことやから難しいわぁ…」と言いながらも笑顔でお客さんの対応をされていました。

191026_oden_03.jpg

このおでん屋さんのコンセプトは、「あなたが頼んだ料理が来るかどうかはわかりません。そんな間違いを受け入れて、間違えることをむしろ楽しんじゃおうよ」というもの。
認知症の状態にある方と交流を持つことで認知症に対する理解を深めていただき、地域ぐるみでサポートしていけたらと願っています。

本イベントは洛和会ヘルスケアシステムの年に1度のお祭り「洛和メディカルフェスティバル」の一環で行いました。

191026_oden_05.jpg

191026_oden_06.jpg

洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部では、子どもから高齢者、障がいのある方がお互いに支えあいながら暮らせる世の中を目指してさまざまな「共生」の取り組みをしています。

11月30日(土)にはみやこめっせ 京都市勧業館にて共生型サービスの先駆けとなるNPO法人「このゆびとーまれ」理事長 惣万佳代子氏を招いて講演会を開催いたします。入場無料となっておりますのでぜひお越しください。

洛和会ヘルスケアシステム 70周年イベント「共生 〜今さら共生? 今だから共生〜」 
詳細とお申し込みはこちらから>

カテゴリー:介護 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。