2019年11月20日

洛和会音羽病院バレーボール部が京都私立病院協会主催の大会で優勝!

10月20日(日)、横大路運動公園体育館にて、京都私立病院協会創立55周年記念 京都府知事杯争奪 第42回病院対抗バレーボール大会決勝大会が行われ、洛和会音羽病院バレーボール部が3年ぶり2度目の優勝を果たし、全31チームの頂点に輝きました!
oto_b2.jpg

熱狂冷めやらぬ中行われた閉会式では、実行委員長より優勝旗が授与され、最優秀選手には、同部の洛和会丸太町病院 リハビリテーション部 山本ちさとが選ばれました。
主将の洛和ヴィラアエル 看護介護部 別府美穂は、「男子選手の活躍もあり、チームワークで2度目の優勝を勝ち取りました!」と話しました。

一糸乱れぬチームプレイを見せた洛和会音羽病院バレーボール部。今後もますますの活躍が期待されます。
oto_b1.jpg

カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

たくさんのご来場ありがとうございました!
“感謝祭”「第18回 洛和メディカルフェスティバル」を洛和会ヘルスケアシステム20施設で開催しました!

地域の方へ感謝の意を込めた洛和会ヘルスケアシステムのお祭り「洛和メディカルフェスティバル」を10月19日(土)〜27日(日)の期間で開催しました。
今年は病院・介護施設を中心に全20施設で、ロビーコンサートや模擬店、野外ステージなど、さまざまな催しを実施しました。
その中からいくつかをご紹介します!

洛和会丸太町病院
10月26日(土)に「秋の健康祭り」を開催しました。
191112mf_maruta01.jpg

「秋の健康祭り」では認定看護師による健康相談や、健康運動指導士による体内年齢測定などが行われました。体調が崩れやすくなる季節に向けて、皆さん積極的に健康について相談されていました。
191112mf_maruta02.jpg


洛和会音羽病院
10月26日(土)に「キッズ外科医 らくわ外科手術体験セミナー」を、27日(日)にはふれあいステージや院内体験ツアー、わいわいフレンドパークなどを開催しました。

「外科手術体験セミナー」では、子どもたちが実際に手術で使用される機器を用いて模擬手術を体験しました。普段触ることのない機器に興味津々の様子で、それぞれ真剣に取り組んでいました。
191112mf_otowa01.jpg

また、27日のイベントでは、模擬店などの催しに加え、特設ステージで地域の中学生による太鼓の演奏などが行われました。晴天のもと、多くの人が舞台を楽しみました。
191112mf_otowa02.jpg

洛和会音羽記念病院洛和ヴィラアエル
10月27日(日)に模擬店、地域の方との交流、音楽のつどいを開催しました。

音楽のつどいでは、京都橘大学の学生による太鼓の演奏が行われました。大きな音がリズミカルに会場へ響きわたり、体全体で太鼓の迫力を楽しみました。
191112mf_kinen01.jpg

また、演奏後には太鼓の体験会が行われ、子どもたちは学生の指導のもと太鼓をたたく感覚を楽しんでいました。
191112mf_kinen02.jpg

洛和会音羽リハビリテーション病院
10月27日(日)に京都大学落語研究会による寄席、ハープ奏者の池田千鶴子さんによるグランドハープのコンサートなどを開催しました。

京都大学落語研究会の寄席では、3人の学生が本格的な演台で熱演。若さ溢れる落語によって会場はたくさんの笑顔で包まれました。(⇒詳しい様子はこちら
191112mf_reha01.jpg

また、池田千鶴子さんによるグランドハープのコンサートは、見慣れない楽器で奏でられる美しい音色に、患者さんや地域の皆さんも魅了されていました。最後はハープの伴奏にのせて「ふるさと」を合唱し、音楽によって全員がひとつとなる素敵な1時間でした。
191112mf_reha02.jpg

洛和会東寺南病院
10月26日(土)に特定健診、医療・介護相談会、健康サービスコーナーや模擬店などを実施しました。

健康サービスコーナーでは手洗い指導が行われ、しっかり洗っているつもりでも、実は完全に汚れが落とせていない事に皆さん驚きを隠せない様子でした。
191112mf_toji01.jpg

子どもたちはヨーヨーすくいや生け花体験でイベントを存分に楽しんでいました。
191112mf_toji02.jpg

洛和メディカルスポーツ京都丸太町
10月27日(日)に特別講師を招き、無料のヨガレッスンを開催しました。
191112mf_ms01.jpg

呼吸を整えながら、初心者でもできるヨガのポーズを中心にゆっくりと体をほぐし、レッスン後は、健康運動指導士の付き添いのもとでトレーニングマシンを体験されました。

洛和ホームライフ音羽
10月26日(土)今年初めて「注文を間違えるかもしれないおでん屋さん」を実施しました。
認知症の状態にある方が働き、接客を通してたくさんの方々とふれあいました。(⇒詳しい様子はこちら
191026_oden_02.jpg

191026_oden_01.jpg

参加した利用者さんは接客に慣れない様子でしたが、笑顔でおでんを振舞い、18席すべてが埋まる大盛況の企画となりました。この交流をきっかけに少しでも多くの方に認知症に対する理解を深めていただければと願っています。

洛和グループホーム瀬田
10月27日(日)洛和会音羽病院と連携し血管年齢測定や救急車両の展示、ユニホームの試着体験などを実施しました。
191112mf_gf-seta01.jpg

救護体験も行われ、参加した子どもたちは真剣な眼差しで救命救急士の話を聞いていました。普段じっくり見る事のない救急車両の見学や実際のユニホームの試着に子どもたちは興奮の様子で、大好評の企画となりました。
191112mf_gf-seta02.jpg

また、洛和会ヘルスケアシステム70周年特別企画として、日ごろの感謝の気持ちをカードに込める「サンクスカード」を実施しました。
各会場で、こころ温まる「ありがとう」がたくさん集まりました。
※各会場で掲示していサンクスカードはこちらのページに掲載いたします。(11月下旬予定)

当会では、これからも地域の皆さんに喜んでいただけるイベントや催しを積極的に行ってまいります。これからも当会の活動にご期待ください!
カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

さらなる地域貢献への活力に
グッドデザイン賞 受賞祝賀会に出席

洛和会ヘルスケアシステムが2016年から取り組んでいる特殊詐欺被害防止活動の一つ「警報垂れ幕で啓発 特殊詐欺から地域を守る活動」が評価され、2019年度のグッドデザイン賞を受賞しました。

当会:「警報垂れ幕で啓発 特殊詐欺から地域を守る活動」特設ページ
http://www.rakuwa.or.jp/sr/keihou/

グッドデザイン賞:紹介ページ
https://www.g-mark.org/award/describe/49713

10月31日(木)、グランドハイアット東京にてグッドデザイン賞 受賞祝賀会が開催され、表彰を受けました。

191101_gd_01.jpg

191101_gd_02.jpg

2019年のグッドデザイン賞は「共振」が一つのテーマとして選考されており、安心して暮らせる地域づくりのため、積極的に取り組んでいる当会の本取り組みが認められた結果となりました。

191101_gd_03.jpg

この受賞を糧に、地域の「医療」「介護」「健康・保育」「教育・研究」機関として住み良い環境づくりの一助となれるよう、より一層の地域貢献に努めてまいります。

カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする