2020年04月01日

創立70周年記念プロジェクトとして「ヤマボウシ」の植樹を実施

2020(令和2)年4月、洛和会ヘルスケアシステムは創立70年を迎えました。

当会ではそれを記念してさまざまな記念プロジェクトを実施してきましたが、その最後を飾るイベントとして、3月25日(水)に洛和会音羽リハビリテーション病院 東側・リハビリガーデンにて「ヤマボウシ」の記念植樹が行われました。

快晴の空の下、当会の矢野一郎 理事長、矢野裕典 副理事長、矢野阿壽加 専務理事がシャベルを手に植樹を行いました。
syokuju1.jpg

春には「友情」の花言葉を持つ小さい白い花をつけ、夏には青々とした葉の緑が茂る「ヤマボウシ」。
秋には紅葉して果実がなり、葉が落ちた冬には通路に枝を通した木漏れ日が射し、四季折々の姿を楽しむことができます。
末永く、患者さんや職員の心和ませる存在になることを願います。
syokuju3.jpg

植樹の後は、当会が創立70年を迎えるにあたり数々の記念イベントを盛り上げてきたプロジェクトメンバーが集まっての記念撮影。
メンバー各々が手のひらで「7」を作り、笑顔でプロジェクトを締めくくりました。
syokuju2.jpg

カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

京都市立音羽中学校で「高齢者を知る」特別授業開催!

2月14日(金)、洛和会音羽病院洛和会音羽リハビリテーション病院介護事業部京都市立音羽中学校(山科区)が連携し、2年生を対象に、「高齢者を知ろう」と題した家庭科の特別授業を実施しました。
本取り組みは、高齢者への理解を深める次世代育成と高齢者にやさしい地域づくりを目指しており、また、2020年度から家庭科の授業で高齢者を学ぶことが義務化(文部科学省 中学校授業要項)されることに先んじたものです。
200303otowachugaku01.jpg

日本人の平均寿命の推移や高齢者の特徴を知る座学に加え、体への重りや視野を狭めるゴーグルを付けた高齢者疑似体験などを通じ、生徒同士が意見を交換し、高齢者への関わりなどについて考えてもらいました。
200303otowachugaku02.jpg

200303otowachugaku03.jpg

200303otowachugaku04.jpg

普段高齢者と関わる機会が少ない生徒たちから、「こんなに体が重いの!?」「窮屈な姿勢で腰が痛い」などの声が聞かれ、高齢者を知るきっかけづくりとなりました。

今後も、京都市立音羽中学校と活動を継続し、高齢者に優しい地域づくりと次世代育成を目指します。
カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

洛和東桂坂保育園の生活発表会で園歌を初披露!

2月15日(土)に洛和東桂坂保育園で生活発表会があり、洛和会ヘルスケアシステムの70周年記念事業の一環として作成された園歌の初披露が行われました。
hoiku_katsura1.jpg
この園歌は、洛和会京都音楽療法研究センター所長の矢野ひとみが作曲し、当会 副理事長の矢野裕典が作詞したもので、明るい曲調とかわいい歌詞で、園児たちはとても楽しそうに歌っていました。

hoiku_katsura2.jpg
hoiku_katsura5.jpg
歌詞の書かれた園歌銘板の除幕式も園児たちと行いました。園歌銘板は玄関を入ってすぐのところに飾ってありますので、ご来園の際は、ぜひご覧ください。
hoiku_katsura6.jpg

園児たちが披露してくれた園歌はホームページで公開しています>>
洛和東桂坂保育園の園児たちに、長く親しまれる園歌になることを祈っています。

カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする