2021年03月05日

困っている人を助けフードロスの削減にも寄与

sdg_icon02_kakou.png sdg_icon01_kakou.png

2021(令和3)年222日(月)と2月26日(金)、
洛和会音羽病院洛和会東寺南病院は、災害備蓄食の一部を
特定非営利活動法人 セカンドハーベスト京都へ寄贈しました。

同法人はフードバンク事業を行っており、安全に食べられるにも関わらず、廃棄されてしまう食品などを生活困窮者支援団体や福祉施設などに届けておられます。

当会はフードロスを減らし、困窮者を助けるという取り組みに賛同し、今回、洛和会音羽病院からは職員用災害備蓄食として貯蔵していた500食分の「アルファ米わかめごはん5箱」と「アルファ米五目ごはん5箱」、洛和会東寺南病院からは250食分の「梅がゆ2箱」と「五目ごはん3箱」を寄贈しました。

210303_1.jpg

210303_2.jpg

理事長の澤田政明さんからは「コロナ禍において生活に困窮してしまう人たちが増加しているなか、寄贈品は3月27日(土)に実施するフードパントリーで使用させていただきます。
パントリーは現在申込受付中ですが、一人暮らしの大学生からの申し込みが多く、アルバイトをクビになった、シフトが激減した、などの声が届いております」というコロナ禍での同事業の必要性を痛感するコメントをいただきました。

当会では今後、この取り組みをさらに進め、支援の輪を拡大する予定です。

【洛和会ヘルスケアシステムのSDGs】
http://blog.rakuwa.or.jp/sdgs/

カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

ウイルスから園児を守る取り組み
洛和桂小規模保育園で光触媒コーティングを実施

1月30日(土)、洛和桂小規模保育園で園児の保育環境向上のため、除菌・抗菌に効果がある光触媒コーティングを施設内に実施しました。

01.jpg

光触媒とは、二酸化チタンの力で持続的に除菌・抗菌・抗ウイルス・消臭・防汚の効果をもたらすもので、インフルエンザウイルスやノロウイルス、新型コロナウイルスなどに対して効果があるとされています。

02.jpg

人体に害はないので、建物だけでなく、子どもたちが使ういすやおもちゃ、絵本などにも塗布しました。

03.jpg

04.jpg

これからも子どもたちが健やかに過ごせるように、職員一同取り組んでまいります。
カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

洛和会音羽病院2020年度職員表彰 表彰式を行いました!

当会では毎年、職員の表彰を行っています。その中でナース・オブ・ザ・イヤー、ベスト・オブ・ザ・ケア賞は、1年で最も勤務態度が良好で、かつ患者さんにより良い看護とケアを提供した看護師や看護補助者に贈られます。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、例年通りにいかないことが多々ありました。

そんな中、洛和会音羽病院でこの素晴らしい賞を受賞した職員と、長きに渡って勤務している職員の永年勤続の表彰式を2020年12月14日(月)に執り行いました。

各病棟の師長や関係者に見守られる中、看護部長から表彰され、緊張した面持ちの者、少し照れた表情の者、うれしそうな笑顔を浮かべている者など、普段はあまり見ることのできないさまざまな表情が見られました。

2021年度は誰が受賞するのか、どんな表彰式になるのか今から楽しみです。

一人一人の力や頑張りが誰かの助けになり、たくさんの笑顔を生み出すと信じて
看護部職員一同、まい進してまいります!

IMG_2501.jpg

IMG_2485.jpg
カテゴリー:ニュース | 更新情報をチェックする