2015年03月16日

第221回らくわ健康教室【介護版】
「介護予防は外出から?! 〜アンケート調査からわかった外出の効果〜」

2014年12月9日開催のらくわ健康教室は、「介護予防は外出から?! 〜アンケート調査からわかった外出の効果〜」と題して、京都市朱雀地域包括支援センター 副係長で介護支援専門員の梶田 知佳子(かじた ちかこ)が講演しました。

概要は以下のとおりです。

ブログ用IMG_8458.jpgはじめに

地域包括支援センターをご存じですか? 高齢になっても住み慣れた地域で安心して在宅生活が送れるよう、介護保険制度の下で2006(平成18)年に創設された市町村の総合相談窓口です。京都市では「高齢サポート」の愛称で、各中学校区に1カ所ずつ、計61カ所のセンターがあり、市から委託を受けた事業者が運営しています。本日は、センターの活動から見えてきた介護予防と外出の関わりについてお話しします。

高齢者の定義と現状

高齢者とは、何歳以上だと思われますか? 国の制度などによると、一般的には65歳以上の人を指しています。しかし、内閣府の意識調査によれば、「70歳以上」と思う人が42.3%と多いです。
日本は、国民の4人に1人が65歳以上の「超高齢社会」です。高齢化の進行は急激で、2050年には高齢者1人を64歳以下の国民1.2人が支える「肩車型」社会が到来します。国は、支える側に回ってもらえる高齢者を増やす環境づくりや子育て支援に取り組むことが重要と考えています。
※以下の画像は全てクリックすると大きいサイズで見ることができます。

スライド11.jpg

スライド12.jpg

一人暮らしの増加

高齢化の進展とともに、一人暮らしの高齢者も増えています。そこで京都市では、2012(平成24)年度から「一人暮らし高齢者全戸訪問事業」「地域における見守り活動促進事業」を始めました。地域包括支援センターの職員が直接高齢者のお宅を訪問して、日常生活上での困りごとや、緊急連絡先(任意)を伺い、民生委員など地域関係者と情報共有をしています。
京都市朱雀地域包括支援センターの場合、6人の職員で訪問していますが、管轄区域内の一人暮らし高齢者は1,900人もおられ、全て回りきれていないのが実情です。

スライド13.jpg

訪問を始めて

全戸訪問を始めて気が付いたことは、「65歳は高齢者ではない」ということでした。たくさんの方が仕事をしておられました。仕事のほかにも、意欲的に趣味活動やサークル活動、ボランティア活動をされていました。
ちなみに、日本では、15歳以上の全従業員のうち、65歳以上の占める割合は10.1%、65歳以上の就業率は20.1%で、主要8カ国で最も高い水準でした。

一人暮らし高齢者アンケートから

一人暮らしの高齢者で、介護給付を利用されていない方118人を対象に、以下のようなアンケート調査を行いました。(調査期間は2012年12月〜2013年5月)

  • 趣味の有無
  • 役割の有無:
    家事、仏壇の世話、留守番、家族の世話、ペットの世話、町内での役割(役員、道路の掃除、地蔵の世話など)、植木の世話、金銭管理をしている、そのほか。
  • 主観的健康観の変化:
    昨年の今頃に比べて、良い、変わらない、悪い。

スライド23.jpg

スライド22.jpg

主観的健康観とは

主観的健康観とは、自らの健康状態を主観的に評価することです。生活の質を高めるための重要な要素で、生存率や平均余命にも影響すると考えられています。
主観的健康観が良い・変わらないと答えた方(維持・改善群)と、悪いと答えた方(悪化群)を比較すると、以下のような結果になりました。

スライド25.jpg

スライド26.jpg

スライド27.jpg

アンケートの結果について

趣味・役割をいかにもつかが、介護予防の鍵であると分析されました。
人付き合いがあまり得意でない方も、一歩外に出て、

  • 門掃きを毎日する
  • 庭木の手入れをする
  • 新聞を取りに行く

など、家の外の空気を吸うことをお勧めします。

外出することで

  • 体力がつく(運動機能維持向上)
  • 頭を働かせることができる(認知機能維持向上)
  • 気分転換ができる(うつ病予防)
  • 一人ではないことが分かる(孤独感の解消)
  • 自分の存在を周りの人に分かってもらえる(孤立化を防ぐ)

実際の事例から

ある一人暮らしの高齢男性は、毎朝、新聞受けで新聞をとること以外、家から出ることがありませんでした。その時間はちょうど、おとなりの奥さんが門掃きしており、奥さんは必ず「おはようございます」と声掛けをされていました。10年間、おとなりとの会話はこれだけでしたが、10年後のある朝、男性から「ヘルパーさんに来てもらうにはどうしたらいいんやろ」との相談が奥さんにありました。おとなりからの連絡で地域包括支援センターが男性と連絡を取り、週2回のヘルパー訪問やデイサービスの利用につなげることができました。男性は今では楽しく暮らしておられます。おとなりの奥さんとの朝のあいさつがなければ、孤立したままだったと思われる一例です。

こんなことを聞いたことがあります

高齢者には、特に「きょういく」と「きょうよう」が大切です。

  • 「きょういく」とは → 「今日行く」ところがあるということ。
  • 「きょうよう」とは → 「今日用事がある」ということ。

健康寿命を延ばしましょう

健康寿命とは、「健康で自立した日常生活を送れる期間」のことです。2010(平成22)年の統計では、平均寿命と健康寿命の差は、男性で9.13年、女性で12.68年あります。この差の年数は、誰かのお世話になっている・介護を受けている期間と考えられます。

  • 健康な期間が長くなれば → 本人にとっての幸福につながります。
  • 国民の健康増進が進めば → 医療・介護関連の予算の抑制にもつながります。

スライド35.jpg

介護予防の鍵は

  • 役割をもって生活すること
  • 楽しみをもって生活すること
  • 人と交流すること
  • 外出すること

健康で生き生きとした生活を送るため、1日1回、家の外に出て人と会話する。そこから始めていきましょう。

高齢サポートでは

高齢サポート・朱雀では、権利擁護セミナー、認知症予防教室などを開催しています。府県や市町村でも、介護予防教室、すこやか講座、生き生きサロン、サークル活動、ボランティア活動など、さまざまな事業に取り組んでいます。
楽しみの場や活動の場は常にあります。ぜひお出掛けください。


ほかのらくわ健康教室の記事はこちら⇒らくわ健康教室 講演録3

カテゴリー:らくわ健康教室 介護版 | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

第216回らくわ健康教室【介護版】「知っておきたい高齢者の住まい 〜サ高住・有料老人ホーム編〜」

2014年11月7日開催のらくわ健康教室では、「知っておきたい高齢者の住まい 〜サ高住・有料老人ホーム編〜」と題して、洛和会ヘルスケアシステム本部 本部介護部門 課長で、社会福祉士・介護支援専門員の浅見 琢也(あさみ たくや)が講演しました。


概要は以下のとおりです。
7825.jpg家はじめに
日本人の平均寿命は、2013(平成25)年の統計によれば、男性が80.21歳、女性が86.61歳です。一方、健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されず、家族などの手を借りることなく暮らせる年数)は、男性が71.19歳、女性が74.21歳です。平均寿命と健康寿命の差は、男性が約9年、女性は約12年あります。
高齢化の進行で、2025年には65歳以上の高齢者人口は現状より600万人前後増える見込みです。こうした状況下で、高齢者が安心して暮らせる住まいの確保は、社会的にも大きな課題となっています。

家高齢者向けの住まい
国が高齢者向け住宅として位置づけている住宅には、これまでも高齢者専用賃貸住宅(高専賃)や、高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)、高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)などがありました。しかし、数も少なく、どこに申し込んだら良いのかわからないなど、利用者さまにとって理解しづらいものでした。
2011(平成23)年に、「高齢者住まい法」が改正され、それまでの高専賃や高優賃、高円賃などの制度は廃止され、代わってサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)が誕生しました。サ高住は、さらなる超高齢社会へと進む日本において、高齢者が安心して暮らせる住まいの受け皿になることが期待されています。また、高齢者住まい法では、地域包括ケアシステムの構築もうたわれました。

家サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の条件
高齢者住まい法で、基準が以下のように定められています。

  • バリアフリー構造の集合住宅。
  • トイレ・洗面所・収納設備の設置。(居室または共有スペース)
  • 部屋の広さは、25u以上。(共有の居間や食堂などがあれば18u以上でも可。実際にはこの18uタイプのサ高住が多いです)
  • 入居条件:60歳以上の方で、独居が困難な方や、要介護認定・要支援認定を受けている方

※以下の画像は全てクリックすると大きいサイズで見ることができます。10.jpg

サ高住は、都道府県や政令市、中核市が登録を行い、事業者を指導・監督します。国は財政面の支援を行い、2025年にはサ高住を全国で60万戸に増やすことを目標としています。現在の4倍近くの戸数にする計画です。

家サ高住の運営主体と併設施設
2013(平成25)年の調査によれば、サ高住を運営している法人の種別では、株式会社・有限会社が約63%を占め、以下、医療法人16%、社会福祉法人10%…となっています。
母体となる法人の業種では、介護サービス関連が約50%、医療関連が19%、不動産・建設行関連12%…となっています。
約82%の施設が、何らかの介護保険の事業と一緒にサ高住を運営しています。(ただし、施設付属の介護サービスを利用しなくても構いません)

14.jpg

家サ高住の「サービス」って?
高齢者住まい法に定められたサ高住のサービスとは、「安否確認」と「生活相談サービス(困ったときに職員が相談にのるサービス)」です。必ずしも、食事や介護の援助が付いているわけではなく、サービスの提供の仕方も、運営する事業者によって異なりますので、ご注意ください。(例えば、食事の提供でも、施設内に食堂があるところもあれば、外部業者から弁当を取り寄せるところもあります。夜間の緊急対応でも、介護福祉士などの資格保有者がいるところもあれば、委託先の警備会社の警備員が対応するところもあります)

家どんな方たちがサ高住に入居している?
2013年の実態調査の結果は以下のとおりです。

16.jpg

70%ぐらいの方は、家を処分して入所されますが、自宅に帰って食事や寝泊まりしたり、セカンドハウス代わりにサ高住を利用される方もおられます。すべては入居者個人で自由に決められます。

家洛和会ヘルスケアシステムのサ高住
当会には現在、洛和ホームライフみささぎ洛和ホームライフ音羽という2つのサ高住があります。業務内容は2施設とも以下のとおりです。

  • 安否確認:ごみ収集・食事時に行います。
  • 生活相談サービス:全スタッフで行います。
  • 食事:3食365日、施設内の厨房で調理します。
  • 職員配置:有資格者(ヘルパー2級、介護福祉士など)が、夜間も常駐します。(1人)

2014(平成26)年時点の利用料は以下のとおりです。

25.jpg

居室1部屋の広さは18uです。介護保険サービスをご利用の方は、その分の介護保険利用料が上乗せされます。

家有料老人ホーム
サ高住とは別に、「有料老人ホーム」があります。有料老人ホームとは、

  1. 食事の提供
  2. 介護(入浴・排泄・食事)の提供
  3. 洗濯・掃除などの家事の供与
  4. 健康管理

に分類される4つのサービスのうち、いずれかのサービス(複数も可)を提供している施設のことです。
有料老人ホームは、介護付き、住宅型、健康型 の3タイプに分かれます。介護付有料老人ホームは介護保険の対象施設で、スタッフが介護サービスを行います。住宅型はサ高住と同様の形態で、介護サービスが必要なら外部の事業者を利用します。健康型は健康な高齢者が入居する施設で、このタイプは実際にはほとんどありません。各タイプのメリット・デメリットは以下のとおりです。

30.jpg

家洛和会ヘルスケアシステムの介護付有料老人ホーム
当会には、介護付有料老人ホーム 洛和ホームライフ御所北洛和ホームライフ四ノ宮があります。2014年時点の利用料は、以下のとおりです。

32.jpg

利用料には、上記金額以外に、介護保険料(1割負担)がプラスされます。

家施設選びのポイント
施設を選ぶ際、次のようなことを参考にされたら良いと思います。

  • 基本情報:施設の入居条件など
  • 立地条件:住み慣れた場所、家族が訪れやすいかなど
  • 料金・費用 
  • 施設の設備
  • 介護・医療体制
  • スタッフの対応
  • イベント・レクリエーションの内容など

家何でもご相談ください
当会では、今回紹介した施設以外にも、新たに開設予定のサ高住や介護付有料老人ホームがあります。ご興味のある方は、ぜひ洛和会入居相談センター[TEL:0120(045)507]にご連絡ください。


カテゴリー:らくわ健康教室 介護版 | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

第178回らくわ健康教室【介護版】「施設ケアマネの取り組み」

2014年1月25日開催のらくわ健康教室は、「施設ケアマネの取り組み」と題して、洛和ヴィラ大山崎 係長の介護福祉士・介護支援専門員 河村 憲(かわむら けん)が講演しました。


概要は以下のとおりです。

ブログ用IMG_9597.jpgはじめに

洛和ヴィラ大山崎は、特別養護老人ホーム(以下、特養)です。私はそこで、施設ケアマネジャー(以下、ケアマネ)として働いています。本日は、日本の高齢者人口の概要を説明したうえで、特養などの施設や、施設ケアマネの取り組みについてお話しします。

高齢者人口と認知症高齢者

2011(平成23)年版の高齢社会白書によれば、日本の高齢者(65歳以上)人口は、約2,958万人、総人口に占める割合(高齢化率)の、23.1%(5人に1人)です。これに対し、認知症高齢者の数は、2012年が305万人、2020年が410万人、2025年が470万人と推計されています。

介護保険施設とは

以下の3種類の施設があります。

  • 介護療養型医療施設: 医療依存度が高い方(酸素吸入が必要など)が対象
  • 介護老人保健施設(老健): 病院と在宅の中間的存在(リハビリテーションを受けられるなど)
  • 介護老人福祉施設(特養): 在宅での生活が困難な方が対象

特養に入所するためには

まず、要介護認定を受ける必要があります。ご本人またはご家族が住んでいる市町村の窓口で申請してください。原則30日以内に認定審査の結果が通知されます。認定は、軽いほうから

  • 要支援1、2
  • 要介護1、2、3、4、5

の7段階に分けられます。
このうち、特養への入所は、要介護1〜5の認定者が対象です。介護予防目的の短期入所は、要支援の認定者でも可能です。 

特養ってどんなところ?

身体的な介護にとどまらず、利用者さまの個別の生活を可能な限り支援し、実現することを目的とする「生活の場」です。
従来型と新型特養(個室完全ユニット型)があります。新型特養のユニットケアは、10人を1ユニットとしてケアします。一般に、入所者の要介護度は、要介護3〜5の方が多いです。

特養への入所の申し込み方法

施設への申し込み方法は、

  • 入所希望の施設に直接申し込みをする。
  • 居宅介護支援事業者に紹介してもらう。

の二通りがあります。利用料は以下のとおりです。

※以下の画像は全てクリックすると大きいサイズで見ることができます。

スライド8.jpg

ユニットケアのメリット

従来型の大部屋方式と違って、個室型のユニットケアは、専用居室費が掛かるものの、以下のようなメリットがあります。

  • 入居者さまのプライバシーがより多く確保された生活空間を持つことができる。
  • 「自分の生活空間」と、同ユニット内の入居者さまが交流できる空間(共有スペース)が区別でき、入居者さまのストレス軽減につながる。
  • 個室近くに共有スペースを設けることで、ほかの入居者さまと潤滑な人間関係が築け、相互の交流が進む。
  • 利用者さまのご家族が気兼ねなく入居者さまを訪問できる。
  • インフルエンザなどの感染症の防止に効果がある。

スライド10.jpg
入居者さまの個室の一例。家具は住み慣れたお宅から持ってきてもらいました。手前のたんすは、伝い歩きができる入居者さまに合わせた高さにしています。

スライド11.jpg

スライド12.jpg
施設内のお風呂。左手前はバスボードと言い、浴槽の両縁に渡して固定し、入居者さまに座ってもらい、浴槽に入っていただきます。左奥のいすは、立位や座位が不安定な方が利用します。正面奥のリフトにつなぎ、いすごと持ち上げて浴槽に運べます。

入居者さまの生活(洛和ヴィラ大山崎では)

スライド13.jpg
入浴は週2回、シーツ交換は週1回行います。

スライド14.jpg
お花見や散歩を兼ねて、近所のスーパーへの買い物や外食に出かけることもあります。

スライド16.jpg
左は餃子づくり、右は豆のさや取り。1日1品は、利用者さまと相談してメニューを決めます。利用者さまの方が詳しいことも多々あります。

スライド17.jpg
年2回、家族交流会を行っています(左上写真)。年4回の認知症サポーター養成講座(左下写真)や、毎月3回の作業療法士による頭の体操(右側写真:「みんなでいこカフェ」の様子)もあります。

施設ケアマネの取り組み

ケアマネには、施設ケアマネと居宅(在宅)ケアマネの2種類があります。
  • 施設ケアマネ:
    施設入居者さまのケアプランを作成するのが役割です。
  • 居宅(在宅)のケアマネ:
    居宅サービス(ヘルパー、デイサービス、訪問看護など)を利用するためのサービス調整を行ったり、利用者さまのサービス利用限度額などを調整してケアプランを作成します。
施設ケアマネには、居宅サービス(ヘルパー、デイサービス、訪問看護など)を利用するためのサービス調整がありません。特例がない限り、施設サービスのなかでケアプランを作成するのが施設ケアマネです。

ケアプランって?

個々の状況や希望に合わせたサービス計画です。一定期間の計画(1〜3カ月)を立てます。生活していくうえでの要望や体の状態に変化がある場合には、新たな援助目標を設定し、ケアプランを作成します。

生活相談員って?

社会福祉主事任用資格と同等以上の能力があり、適切な相談、援助などを行う能力を有すると認められる者とされています。特別養護老人ホーム、指定介護老人福祉施設、通所介護事業所などに配置され、利用者さまの相談、援助などを行う者います。

サービス担当者会議って?

ケアプラン作成のための話し合いのことです。利用者さま自身やご家族、それぞれの事例が抱えている問題を、会議における話し合いによって解決することを中心とした問題解決型のカンファレンスです。このほか、職員間、各職種間で利用者さまやそのご家族についての情報交換、意見交換を中心とした情報共有型のカンファレンスもあります。
洛和ヴィラ大山崎では、個々の入居者さまを対象に、3カ月ごとに担当者会議を行っています。3カ月ごとに行う理由は以下のとおりです。
  • ご家族に直接、利用者さまへの日々の関わりを説明できる
  • 最近の利用者さまの様子などを近況報告することができる
  • 職員とご家族とのコミュニケーションを図ることができ、お互いに情報共有できる
  • ご家族と職員の間の信頼関係を築くことができる
  • 3カ月の期間で、利用者さまの状態を細かく把握し、その情報をケアプランに反映させることができる

モニタリングって何?

サービスが計画通りに実施されているか、それによって利用者さまのニーズが充足しているかなどを確認する過程です。モニタリングは、入居後1週間の時点で介護士や医療担当者、リハビリテーションの専門家が行い、必要と思われればケアプランの変更も行います。

事例から考える

5年前に入居されたものの、その後一度も帰宅されたことがない入居者Aさんが「家に行きたい(戻りたい)」と訴えられました。Aさんは、よく食事中に眠ってしまうため、食事の介助が必要です。また、車いすの生活で、ベッドから車いすへ移る時にも介助が必要でした。ご家族、他職種と連携して、Aさんの願いをかなえようと思い検討したのは、体調はどうか(医療職と)、ご自宅で車いすが使えるか(作業療法士と)、食事の方法はどうするのか…などです。結果的には、半日ほどでしたが帰宅が実現できました。
施設に戻られてからのAさんは変わりました。食事のときもしっかり起きて食べられるようになり、ベッドから車いすへの移乗も、自分で立ち上がれるようになりました。ご家族も、帰宅したAさんの姿に「懐かしい」「気兼ねなく過ごせている」と感じておられました。
このように、施設に入居しても、家に帰ることはできます。これからも、利用者さまの要望がかなうように関わっていきたいです。

質疑応答から

Q:要介護度を自分で判断できますか?
A :車いすの方なら要介護度いくつ、といった基準はありません。認定調査員が、さらに詳しい状態をチェックして認定します。

Q:入居待ちの待機者は?
A :洛和ヴィラ大山崎の場合、待機者は200人ほどおられます。似たような施設が多いので、複数の施設に申し込んでおられるケースが多いようです。

Q:特養に入れない場合はどうしたらいいですか?
A :洛和会ヘルスケアシステムでは、さまざまな介護サービスを提供しています。「夜だけ見守ってほしい」「安否確認してほしい」といったご要望にも対応できる場合がありますので、お住まいの地域の地域包括支援センターなどにご相談ください。

カテゴリー:らくわ健康教室 介護版 | 更新情報をチェックする