2014年11月08日

第211回らくわ健康教室【介護版】「アートセラピー(芸術療法)とは?」

10月3日開催のらくわ健康教室は、「アートセラピー(芸術療法)とは?」と題して、洛和会京都医療介護研究所 洛和会京都医学教育センター アートセラピストの戸村 ゆり子(とむら ゆりこ)が講演しました。


概要は以下のとおりです。

Hpimg_9348はじめに

アートセラピー(Art therapy)という療法をご存じですか? 絵画や粘土などを使った造形による「芸術療法」です。これに音楽療法やダンスセラピー、ドラマセラピー、ムーブメントセラピーなども加えた、より広義の芸術療法は、アーツセラピー(Arts therapy)と呼ばれます。今回は、前者のアートセラピーについてお話しします。

※以下の画像は全てクリックすると大きいサイズで見ることができます。

image/_photos_uncategorized_2014_10_29_3.jpg

アートセラピーの歴史 〜絵画を通して〜

後期旧石器時代 洞窟壁画
洞窟壁画は、狩りの成功を願う祈りの説や宗教的な意味合いを含む説など、さまざまな説があります。
中近世 キリスト教絵画
王様の祈りの奇跡体験の夢を絵画で表現したと言われている画家のフラ・アンジェリコ。この時代は、キリスト教に関する芸術が、癒しをもたらしたり、人の思いを表現する方法として用いられたと言われています。
19世紀 象徴主義
芸術や美しいものを表現する時代を経て、自己の内面や思考状態を表現しようとする時代になります。分析心理学の創始者 カール・ユングや精神分析の創始者 ジークムント・フロイトの影響を受けた画家のグスタフ・クリムトらが有名です。
19世紀 後期印象主義
フィンセント・ファン・ゴッホもユングやフロイトの影響を受けました。ゴッホが神経発作のために精神病院入院中に描いた「星月夜」が有名です。
19世紀後半〜20世紀 表現主義
不安や葛藤などの感情を作品中に反映させるなど、感情表現が中心です。エドヴァルド・ムンクは、夕暮れ時に突然幻覚や幻聴に襲われた人物を描いています。
20世紀 超現実主義(シュルレアリスム)
サルバドール・ダリもフロイトに影響を受けました。夢を絵画化したとも言われ、さまざまな仮説が成り立っています。
1920年代 アールブリュット・アウトサイダーアート
正式に美術教育を受けていない人々や障がいのある人たちが、既成概念にとらわれない自由な表現をすることで注目され始めました。ルイス・ウェインや山下清などが有名です。

アートセラピーの先駆者たち

image/_photos_uncategorized_2014_10_29_12.jpg

草創期の二つの流れと発展

  • 教育領域:
    子どもたちの自由表現としての描画活動に注目。啓発的な美術教育から発展しました。
  • 医療領域:
    患者に描画活動を促し、不安やトラウマから解放。戦争による精神的外傷を負った兵士たちを救うことや、牢獄の囚人たちの更正にも用いられました。

アートセラピーの発展

美術教育とは分離し、治療的アート(Remedical Art)としてのアートセラピー養成コースが、米国、英国、カナダなどの大学教育の中で設置され始めました。トレーニングを受けたセラピストが、医療、教育、更正などの分野でセラピーを実践しています。

  • 【1960年代】米国、英国で芸術療法学会設立
    米国では、1971年には3カ所だった養成コースが、現在は30カ所以上、英国では10カ所以上の大学院で学べ、政府認定の資格の取得ができます。
  • 【1969年】日本芸術療法学会設立
    日本では現在も、養成コースのある高等教育機関は少なく、民間企業開設の養成コースでの資格取得が一般的で、普及も遅れています。

アートセラピーは以下のようなところで行われます。

image/_photos_uncategorized_2014_10_29_15.jpg

アート制作を体験してみましょう

感情を表現する(目に見えるカタチにする)活動です。A4の白い紙2枚とB4の画用紙、クレヨンをご用意ください。

image/_photos_uncategorized_2014_11_08_18.jpg

ネガティブな感情を表現してください。好きな色を1色選び、A4の白紙に自由に描いてください。(10〜20秒で)

同様に、今度はポジティブな感情を表現してください。(10〜20秒で)

B4の画用紙に、身近な感情を自由に表現してください。(5〜7分で)

体験して、どう感じましたか?

  • 制作する前後で気持ちや体調に変化がありましたか?
  • 印象深いのは、何枚目の作品ですか?

など、セラピストと話し合います。

なぜアートセラピーか

  • アートは、言葉ではない方法で自己表現することを可能にし、言語化しにくい内的世界が作品に投影される。
  • アートが自己表現の媒体であることによって、クライエント(患者)の怒りや攻撃性が分散、昇華されやすい。
  • アート自体、リラックス効果や癒やしの働きを内在している。(有効性には個人差がある)
  • 粘土や絵の具などの画材を用いることで、感覚刺激が与えられる。
  • 個々がもつ創造性を刺激する。
  • 制作の過程で、テーマを決めることや、画材・色の選択肢があることで、自発的または積極的な参加を促すことができる。
  • グループセラピーでは、アート制作をすることによって、セラピストやほかのメンバーとのコミュニケーションが促される。
  • アートセラピーでは、作品が後に残るため、クライエントは自分の作品やセラピーのプロセスを振り返ることができる。

洛和会ヘルスケアシステムでのアートセラピー

<高齢者を対象にしたアートセラピー>

image/_photos_uncategorized_2014_10_29_29.jpg

画材は、できるだけ安全なものを用います。季節にちなんだ作品制作をテーマに、なじみある画材や色の選択ができるよう支援を心掛け、達成感、充実感、満足感、自信を得ていただきたいと考えています。グループセラピーでは、ほかの参加メンバーと関わり、共に作品を制作することで、楽しみや満足度が増したり、気持ちの落ち着きなどを促す効果も期待できます。作品が出来上がることで、お年寄りの楽しみや満足度が増す効果も期待できます。

<子どもを対象にしたアートセラピー>

image/_photos_uncategorized_2014_10_29_30.jpg

療育施設などで行っています。臨床心理士や保育士と協力し、感情の発散を助け、社会生活での精神的なストレスからの開放や、技術的な面で劣っていることの補いを含めた支援を行っています。


ほかのらくわ健康教室の記事はこちら⇒らくわ健康教室 講演録3

カテゴリー:らくわ健康教室 介護版 | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

第169回らくわ健康教室【介護版】「理想的な姿勢とは何か? 〜動けるからだづくり〜」

2013年11月6日開催のらくわ健康教室は、「理想的な姿勢とは何か? 〜動けるからだづくり〜」と題して、京都市中京区地域介護予防推進センター 係長で、理学療法士の布施 昌幸(ふせ まさゆき)が講演しました。


概要は以下のとおりです。

8600_2はじめに
姿勢に対する悩みは、病院や介護予防事業でもよく聞かれます。「姿勢が良くなりたい」「体が丸くなってきた」「痛みで姿勢保持や動作が困難」…など、さまざまです。しかし、そもそも「良い姿勢」って、どんな姿勢でしょう? どうして背中が丸まるのでしょう? 今回は、私が考える「理想的な姿勢」についてお話しします。皆さまが「より楽に姿勢を保持できる、また、安定してスムーズに動ける体をつくる」ためのきっかけになればと思います。

姿勢とは
広辞苑によれば、姿勢とは「1.からだの構え」「2.事に当たる態度」で、心と体の状態を表します。姿勢は、個人が生きている時代や文化に影響を受けます。また、個人の考え方(思考・認識)、感情、生活習慣、職業、教育、疾患など、さまざまな要素が影響します。そのため、現在の姿勢は、個人が生きてきた「歴史」でもあるといえます。まずは、今の姿勢を全肯定することから始めましょう。

「良姿勢」と「不良姿勢」の判断基準
現在のところ、「良い姿勢とは何か」という統一された「定義」はありません。今回は、理学療法の分野で一般に用いられている、「基礎運動学 第4版(中村隆一著)」による、「良姿勢」と「不良姿勢」の判断基準を以下に示します。

image/_photos_uncategorized_2014_08_18_9.jpg

上のスライドのように、いろいろな分野からの視点で、「姿勢」の研究が行われています。
これら1.〜5.の視点から見た基準を兼ね備えた姿勢が、いわゆる「良い姿勢」といえます。

不良姿勢の原因

  • 先天的な奇形、発達過程での問題、外傷や疾患による構造的な変形
    →改善には手術が必要なことが多い。
  • 疾患(脊椎圧迫骨折、呼吸器、脳性まひ、脳卒中、変形性疾患、外傷後拘縮など)
  • 栄養状態(過度な体重減少)
  • 痛み(痛みを避ける姿勢など)
  • 生活習慣(姿勢・動作の習慣、考え方(思考・認識))、心理状態など   

これらは、習慣や考え方の変更、運動などにより自己管理が可能です。
※先天的な原因があるものや疾患(病気)によるものは、医学的な管理が必要です。

今回は、習慣的な問題からくる姿勢変化について述べています。

「姿勢」をめぐる誤解
背筋がぴんと伸びた姿勢が「良い姿勢!」と思っている人が多いですが、無理をして伸ばそうとすると、背骨が反り過ぎる、無駄な力が入るなど、逆に体の負担につながります。また、いわゆる「気をつけの姿勢」では、心身ともに過剰な緊張が起こり、内臓などの諸器官も過剰に圧迫され、血流や消化が悪くなります。エネルギー消費量も、いわゆる「休めの姿勢」に比べて20%増加し、疲労しやすくなります。
つまり、「姿勢を良くしよう」という思いが、逆に体に負担をかけることになるのです。また、本人は気付いていないのですが、イメージしている「姿勢」と実際の「姿勢」が違う…ということが、不自然で不効率な姿勢につながります。このように、過剰努力や誤った体のイメージにより、ある特定の筋肉ばかり働くと、体のバランスが崩れ、心身のさまざまなトラブルにつながります。

「姿勢」を「動的」に捉える
「姿勢」を、写真の1コマを見るような「固定されたもの」と捉えがちですが、「動的」に捉えてみてください。姿勢は固定されたものではなく、動きのなかにあるものです。
例えば、下のスライドでは、一般的には左側の写真が悪い姿勢、右側の写真が良い姿勢といわれます。しかし、左の姿勢でも、体に負担がかかる前に右の姿勢をとることができれば、特に問題はありません。一番良くないのは、これが「良い姿勢!」というイメージをもって、それを保持しようとして体を「固定」させてしまうことです。

image/_photos_uncategorized_2014_08_21_14.jpg

「姿勢」の改善に必要な考え方
生活上での「姿勢」とは、何かに対しての取り組み(姿勢)です。人は目的(仕事、家事、勉強、テレビを見るなど)を遂行するために、姿勢を保持しているのです。姿勢を良くしたいと思われたら、「何をするときの姿勢が良くなりたいのか」「今の姿勢の何が問題なのか」「なぜ、今のような姿勢になったのか」などを明確にすることがポイントです。これらを考えることで、問題点が明確になり、改善策や目標も具体的になります。

「理想的な姿勢」とは?
それでは、めざすべき「理想的な姿勢」とは、どのような「姿勢」をいうのでしょうか。
以下に、「理想的な姿勢」の要素(条件)を4つ挙げます。

動ける姿勢(固定されない)

  • 関節の可動性があり、筋肉がしっかり伸び縮みする状態であること
  • 体に負担がかかる前にニュートラル姿勢(※1)に戻れること
  • 「姿勢はこうあるべき」という概念に縛られていないこと

※1「ニュートラルな姿勢」とは、背骨が自然なS字カーブを描き、各骨格の配列が整っている姿勢です。このような「姿勢」は、無駄な力や緊張がなく、最小限のエネルギーで姿勢が保持できます。

重心が安定している姿勢
重心とは、ものの釣り合いがとれる場所のことです。立ったときに、両足部の外側を囲んだ面(支持基底面)の真ん中に重心が落ちて、反力(床から跳ね返る力)と一致していると、体は安定した状態です。しかし、重心が安定しない(支持基底面から外れそうな)位置で作業などを続けると、不良姿勢の原因になります。
以下に、いわゆる猫背(円背(えんぱい))姿勢になる原因を例にとって説明します。

例えば、家事(皿洗いや掃除機かけなど)に集中すると…

 
 体が前のめりになり重心が前へ移動する
   ↓
 体の背面の筋肉(特にふくらはぎや背筋)を過剰に働かせ姿勢を保持する
   ↓
 体への負担を避けるために、背骨や膝、股関節を曲げて前に倒れるのを防ぐ
   ↓
 体の背中側の筋肉が伸び、お腹側の筋肉が縮む(筋肉のバランスが悪くなる)

これが習慣的に行われると、脳にも、これら姿勢の情報が蓄積(インプット)され、癖になってしまいます。これがいわゆる猫背(円背)姿勢をもたらします。つまり、環境に適応しようと体の状態を変化させた結果、猫背姿勢になってしまうということです。常に、重心が安定した位置で動作を行うことが大事です。

※注意:
高齢者の猫背(円背)の原因は、疾患(特に骨粗しょう症をベースとした脊椎圧迫骨折)の場合も多くあります。疾患の場合は医師の指示に従ってください。

心理的に安定していること、主観的に「姿勢保持が楽に感じる」こと

良好な身体感覚・身体のイメージがあること
経験したことや考えていること(思考・認識)がもとになり、自分自身の身体像(身体イメージ)が脳に蓄積されていきます。見た目の姿勢を変えても根本的な解決につながらないのは、これらの身体イメージが脳に記憶されているためです。良好な「身体イメージ」を保つことが、「理想的な姿勢」につながります。

image/_photos_uncategorized_2014_08_21_21.jpg

つまり、「理想的な姿勢」とは…
上記のような、心身の要素(条件)が整った結果、実現できます。「理想的な姿勢」は、関節や筋肉などの支持構造を守り、体への負担を最小限にします。そして、作業効率が上がり、個人の持っている能力を最も発揮できる状態と言えます。逆に、重心が不安定で、心理的にも身体的にも余分な緊張がある「姿勢」は、痛みなどの機能障害につながりやすい「不良姿勢」と言えます。

良姿勢を保持するための条件(Gardiner,1964年) 

  1. 安定した心理状態
    (感情と心のもち方は神経系全体に強く影響し、個人の姿勢に反映される)
  2. 良好な健康状態(生活習慣)
  3. 自然で自由な運動を行う機会が多いこと(活動性)

上記は、1964年に発表されているものですが、「良い姿勢を保持するための条件」を一番言い当てていると思います。本来、人間は「理想的な姿勢」を備え持って生まれており、それを維持する可能性ももっています。ところが、生活のなかで、上記のバランスが崩れることで姿勢が変化していきます。見た目の姿勢にとらわれず、心身ともに健康な状態を維持することが大切だと考えます。

動作時痛への対処法

【悪循環】
image/_photos_uncategorized_2014_08_21_26.jpg

痛みは姿勢や動作に大きな影響を与えます。例えば、いすから立ち上がるときに痛みが出た場合、痛みが和らいだ(炎症がなくなった)後も、不安や恐怖心から痛くないほうに体重をかけて、体全体に過剰な力をいれて動作を行います。これらの方法で動作を繰り返すと、不安定かつ努力を要するため、心理的な疲労感や困難感を伴い、自信低下につながります。そして、焦りから動作を急いで行い、それがまた痛みにつながるという悪循環に陥ります。

【好循環】
image/_photos_uncategorized_2014_08_21_27.jpg

上の図のように、痛みが出ているときに、自分がどのような方法で動作を行っているのかを振り返ります。そして、動作のパターンを変えてみます。
例えば、重心が安定した位置でゆっくり動いてみます。動作の過程を省かず、しっかりと重心移動を伴って動作を行ってみるのです。このように行うと、いつもの痛みが10とすれば、9や8に減るかもしれません。
痛みが少しでも軽減したら、いつもの動作との差異を考えます。痛みの恐怖心から、過剰な逃避行動をとり、必要以上に不安定な状態で動いていたことに気付くかもしれません。ゆっくり、しっかりと体重を乗せて行うと、動作が安定し、楽に動けるため、痛みが軽減する場合があります。
このような気付きにより、動作を自分でコントロールできていると実感できると、気持ちが前向きになり、その動作を繰り返すようになります。気持ちが変わると、悪循環から良い方向に流れが変わり、少しずつ改善に向かっていくでしょう。

図:芳野香著 アレクサンダーテクニークの使い方(誠信書房)より一部改変  

「理想的な姿勢」のための提案
体に注意を向けましょう!
何かの作業に集中しすぎると、自分(の体)が見えなくなり、「無理な姿勢」になります。作業をしながらも自分の体に注意を向けられる余裕をもちましょう。体に注意が向くと、体に入ってくるいろいろな情報を受け取りやすくなります。そして、重心のわずかな誤差にも気付ける身体感覚が身につきます。

体の構造を知りましょう!
体の構造を立体的に理解できると、効率良く体が動かせます。
例えば、膝の関節の位置はどこでしょう? 自分の思っている膝(関節)の位置と実際の膝(関節)の位置がずれている場合、体のイメージが実際と違うということになります。「思っている自分の体」と「実際の体」に溝がないほど、体の動きや姿勢は良い状態になります。
会場では、皆さまと骨格の絵を見ながら、実際に関節の位置を確認しました。

関節の可動性を高めましょう!
特に、背骨・肩甲骨・股関節を無理のない範囲で動かして、しなやかに動く体をつくりましょう。このときも、骨がどのように動くかに注意を向けて行います。

image/_photos_uncategorized_2014_08_30_37.jpg

動作を丁寧に行いましょう!
構造上無理のない動きは、筋肉・関節への負担が少なく、主観的に楽に行えます。また、客観的に見ても優雅できれいに見えます。動作は重心移動の連続です。日常生活動作を、「体重の移動」に注意を向けて行ってみましょう。

【立ち上がり動作】

  • 股関節からおじぎをして、上半身の重心を前に移動させます。
  • 足の裏に体重がしっかりと移動したのを確認してから、立ち上がります。
  • はじめはゆっくり行ってください。慣れてくると、習慣化して無意識に(通常の速さで)行うことができます。

image/_photos_uncategorized_2014_08_30_40.jpg

上記の実践編を実行することで、少しずつ姿勢保持や動作が楽に感じられたら、「理想的な姿勢」に近づいています。体に注意を向けて丁寧に動くことで、良好な身体イメージが構築され、姿勢保持や動きも変化していきます。このような、心身の変化を味わいながら、ぜひ続けてくださいね。

まとめ

  • 「理想的な姿勢」とは、「心身ともに固定されていない、楽に安定して動ける姿勢」のことです。
  • 「理想的な姿勢」は、本来人間の体に備わっており、これを維持するためには、心身の健康状態を良好に保つことが重要です。
  • 「姿勢」とは個人の生活そのものであり、生きてきた証です。        

今の姿勢を受け入れたうえで、より機能的に動ける体をつくっていきましょう!

参考文献

  • 基礎運動学 第4版:中村隆一.医歯薬出版
  • 運動器リハビリテーションの機能評価 II:David.J.Magee. エルゼピア・ジャパン
  • 筋:機能とテスト ‐姿勢と痛み‐:ケンダル,マクレアリー,プロバンス.西村書店
  • アレクサンダーテクニークの使い方:芳野香.誠信書房
  • 脳の中の身体地図:サンドラ・ブレイクスリー,マシュー・ブレイクスリー.インターシフト

ほかのらくわ健康教室の記事はこちら⇒らくわ健康教室 講演録3

カテゴリー:らくわ健康教室 介護版 | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

第199回らくわ健康教室【介護版】「ケアマネジャーって何をする人?」

7月2日開催のらくわ健康教室は、「ケアマネジャーって何をする人?」と題して、介護事業部 ケアマネ事業 課長で介護支援専門員の吉家 美都子(よしいえ みつこ)が講演しました。


概要は以下のとおりです。

はじめにImg_5689_2

介護保険制度は2000(平成12)年4月から始まり、ケアマネジャー(以下、ケアマネ)も、制度開始に伴って誕生しました。本日は、介護保険の概要を説明したうえで、ケアマネの仕事についてお話しします。

介護保険とは

介護保険は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病などにより要介護状態になっても、尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービスおよび福祉サービスを受けられる制度(※介護保険法から一部抜粋)です。
介護を必要とする方々を社会全体で支える仕組みで、市町村が(保険者として)制度を運営しています。40歳以上が被保険者です。

介護保険の対象となる方

  • 第1号被保険者:65歳以上で介護や支援が必要と認定された方
  • 第2号被保険者:40歳以上64歳以下の、特定疾病により介護や支援が必要と認定された方。特定疾病には、関節リウマチや脳梗塞、パーキンソン病など16疾病が指定されています。

介護サービスを利用するには

市町村の担当窓口に申請し、審査を受けたうえで、介護認定を受ける必要があります。申請はご本人やご家族が行いますが、ケアマネが代行することもできます。

ケアマネの仕事って?

ケアマネは、お近くの地域包括支援センター(京都市では別名「高齢サポート」、市内には計61カ所あります)や居宅介護支援事業所にいます。援助が必要な方の暮らしがどんな風になればいいのか、そのためには何が必要かを一緒に考えます。

<ケアマネの仕事

いつでもご相談にのります

暮らしのなかでの困りごと、不安に感じておられることがありましたら、お近くの地域包括支援センター(高齢サポート)や居宅介護支援事業所にご相談ください。ご連絡いただければ、ご自宅にも伺います。「転びやすくなった」「もの忘れが気になる」「台所の火の後始末が心配」…など、何でも結構です。

<ケアマネの仕事

申請代行を行います

必要であれば、ご本人に代わって、市町村の介護保険窓口に介護保険の「申請代行」を行います。申請には、要介護認定等申請書と介護保険被保険者証が必要です。申請書は、区役所でも地域包括支援センターでも入手できます。

要介護認定を受けるには

申請があると、市町村は認定のための調査などを行います。調査員がご自宅を訪れて、お体の状態や生活の様子を伺います。つい頑張って、日頃の状態より良く見せようとする方もおられますが、いつもの姿を見せてくださることが適切な介護度認定につながります。この認定調査(1次判定)と、主治医の意見書をもとにした認定審査会による2次判定が行われます。その結果、非該当から要介護5まで、計8段階のいずれかに認定されます。申請から認定結果が出るまで、1カ月程度かかります。

※以下の画像は全てクリックすると大きいサイズで見ることができます。

image/_photos_uncategorized_2014_08_16_14.jpg

image/_photos_uncategorized_2014_08_16_15.jpg

要介護(要支援)に認定されると、介護保険で利用できるサービスの範囲(利用限度額(単位数))が決まります。利用限度額は、介護度が最も高い要介護5が一番多く、現在は36,065単位、以下、要介護4=30,806単位、要介護3=26,931単位、…と単位数が減り、一番軽い要支援1は5,003単位です。限度額を超えると全額自己負担になります。

<ケアマネの仕事

暮らしに何が必要かを考えます

必ずご自宅に伺い、今かかっておられる病気やお体の状態、ご自宅の環境などから、これからの暮らしに何が必要なのか、一緒に考えます。

image/_photos_uncategorized_2014_08_16_19.jpg

<ケアマネの仕事

ケアプランの作成

ご本人から伺ったお話をもとに、ご自身で行われていることに加えて、どのようなサービスをどのくらい利用すればいいかを考えます。
ケアプランを作るときに、ケアマネはご本人の生活維持・向上のことを考えて、ご希望と違う提案をするかもしれません。例えば、「よく転ぶので車いすを貸してほしい」と言われた場合、どんなときに転ぶのかをよく伺って、本当に車いすがあったほうが良いのか、それとも歩くための体操やリハビリテーションが良いのかを判断してご提案します。

具体的なサービスや料金の例

要介護2の女性Aさんのケアプラン例です。
Aさんは「大好きな料理をするなど、できることをしながら自宅で暮らしたい。最近は友人と会うことも少なくなった。もっと人と話したい」と希望されていました。一方、娘さんは「しっかりしていると思っていたけれど、最近はぼんやりしていて心配です。朝もちゃんと起きているのか…。今のうちから生活のリズムを整えて、家で暮らしてほしい。私もできることはしたいのですが、仕事があるので助けてほしい」とのこと。総合的な援助の方針を「まずは、朝はいつもの時間に起きて、生活のリズムを整えていきましょう。夕食はご自身で作れるよう援助していきましょう。いろいろな方と話ができるようにしましょう」としました。その結果、朝・夕の訪問介護や週2回のデイサービスなどを組み合わせた、次のようなサービス計画表(案)を作成しました。

image/_photos_uncategorized_2014_08_16_24.jpg
朝の訪問介護は、ヘルパーによる起床の確認や朝食と夕食の準備など、午後の訪問介護は調理の手伝いや会話などを行います。

Aさんのサービス費用は以下のとおりです。

image/_photos_uncategorized_2014_08_16_25.jpg
各サービスごとの単価は、市町村によって異なります。単価の変更もあり得ますので、参考例としてご覧ください。

<ケアマネの仕事

サービス担当者会議の運営

めざす暮らしの方向性を、ご本人・ご家族・医師・各サービス担当者と共有します。
担当者会議は、ご自宅に伺って行います。初めてサービスを使われるときや、ご本人のお体の状態やご家族の状況が変わられたとき、担当者から提案があったときに開催します。

<ケアマネの仕事

ケアプランの管理と再評価

毎月、ご自宅を訪問して、「お体の調子は変わりませんか?」「ご家族に変化はありませんか?」「このままのケアプランで良いですか?」などを伺います。ケアプランの目標に沿ったサービスを受けたり、取り組みができておられるか、新たにお困りになっていることや不安に感じておられることなどはないかなどを確認し、必要ならケアプランを見直します。例えば、「週2日、デイサービスに行くケアプランを立てていたけれど、実際に行ってみたら週1回のほうが良かったので変更した」などです。

image/_photos_uncategorized_2014_08_16_30.jpg

おわりに

良いケアマネとは

  • じっくりと話を伺います。
  • 要望や疑問に素早く対応します。
  • 介護保険以外のことも専門家と相談し、お答えします。
  • ご本人に寄り添い、共に考えます。

ケアマネは、利用者さまの安心できるパートナーになりたいと努めています。でも人間同士、気が合わない場合もあり得ます。そんな場合は、ほかのケアマネと代わることもできます。言いにくいと思うことも、遠慮なくお伝えください。

質疑応答から

Q:ケアマネは公的な資格ですか?
A :はい。都道府県知事が認定する資格です。試験に合格後、研修を受けてから業務につきます。

Q:ケアマネに来てもらうのは有料ですか?
A :ケアマネの費用は介護保険で賄います。ご本人の負担額はゼロです。


ほかのらくわ健康教室の記事はこちら⇒らくわ健康教室 講演録3

カテゴリー:らくわ健康教室 介護版 | 更新情報をチェックする