2015年02月07日

第2回 アートセラピーワークショップを開催しました!

参加者の皆さまから大好評! 1月25日(日)「第2回 アートセラピーワークショップ 〜自分の心と身体に耳を傾ける〜」

2.jpg

第2回 アートセラピーワークショップは、第1回目と同じく、洛和会京都医療介護研究所 洛和会京都医学教育センター アートセラピストの戸村ゆり子が講師を務め、落ち着いた雰囲気のなかで行われました。

1.jpg前回のワークショップのアンケートを参考に、今回は画材の量と種類を増やしたところ、約半数の方から「画材の種類の多さに驚いた」など喜びの声があり、17人中16人の方から「満足している」とお答えいただき、とても好評でした。

アンケートでの「印象深かったことは?」という質問に対しては、
「気付いていなかった自分の内にある感覚に触れた気がして、こみ上げるものがあった」
「体力よりも心を使ったような、達成感にも似たような感覚があります」
「作ったものが何なのか説明できないですが、大切なものを作ったように思います」
「自分の新たな一面を発見できたのは大きいです!」
など、ご自身の体験に基づいた回答が寄せられました。

4.jpgアートセラピーでのアート制作は、テーマを設けず、それぞれが自分自身の心身の状態に耳を傾け、思い思いの制作物を創造するのが特徴の一つです。
平面的に絵を描いたり、立体的に画材(紙、ビーズなど)を組み合わせたり、なかには書道のように文字で今の心身の状態を表現する参加者さまもいらっしゃいました。
大人になるにつれて、アート制作の機会が少なくなったと感じられる方が多いなか、今回の体験は自分自身を見つめ直す貴重な場となったのではないでしょうか?

参加された多くの方に喜んでいただき、これからさまざまな企画を考えるうえで、とても活力をいただける結果となりました。
ご参加くださいました皆さま、このたびは誠にありがとうございました。

(アールプランニング セミナー企画部 北村)

 
今回ご参加いただいた方も、今回は参加できなかった方も、今後の「第3回 アートセラピーワークショップ」にご期待ください!
詳細や、そのほかの今後開催予定のセミナーの情報は、下記のページをご覧ください
 




カテゴリー:セミナー・講演会情報 | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

救急看護認定看護師による急変予測セミナー 開催しました!

1月17日開催 救急看護認定看護師による急変予測セミナー「異常時に気付ける急変予測 〜急変・緊急時の初動を理解するために〜」 参加者満足度96.6%!!

当会の救急看護認定看護師である村岸敦子・小林篤子・倉本真智子の3人が講師を務め、それぞれ「意識障害」「呼吸困難」「循環器」に特化し、実際の症例を用いたグループワークを取り入れたセミナーを行いました。
看護師を主とした多数の皆さまが受講され、症状別の急変予測のポイントや急変時の報告のコツについて真剣に学ばれました。
「意識障害」についての講演では、バイタルサインの変動や神経学的所見から、患者さまがどのような状態にあるかの症例検討およびSBARを用いた報告の仕方について学び、「呼吸困難」についての講演では、気道・呼吸の評価方法、認識の仕方などについての症例検討を交え、I-SBAR-Cを用いた報告について学びました。また、「循環器」についての講演では、症例を用いて、緊急度の高い胸痛についてや、アセスメントと救急処置・看護などについて学びました。

9783.jpg症例検討(グループワーク)の場面では、講義で得た知識を生かし、実践力を高めるべく、活発な意見交換が行われました。
また、休憩時間中には、ささやかながら当方で用意させていただいたお菓子を召し上がりながら交流を深める参加者さまの姿も多く見られ、和やかな雰囲気のセミナーとなりました。

開催後のアンケートでは、「満足」または「やや満足」とのお答えが非常に多く、満足度96.6%と大変高い評価をいただくことができました。
「患者さまの観察と判断の良い勉強になった」「循環器が苦手だったが、わかりやすい講義で学びが深まった」などのご感想もいただき、参加された多くの方にご満足いただける結果となり、主催者として喜ばしい限りです。

急変予測セミナーの第2回の開催も含め、今後も看護師向けのセミナーをたくさん企画していきます。
ご参加くださった皆さま、誠にありがとうございました。

(アールプランニング セミナー企画部 吉備)

 
今後開催予定のセミナーの情報は、下記のページをご覧ください
 


カテゴリー:セミナー・講演会情報 | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

第1回 アートセラピーワークショップを開催しました!

11月8日(土)「第1回 アートセラピーワークショップ 〜自分の心と身体に耳を傾ける〜」は、参加者全員が「満足」と評価!

arttherapy1.jpg

arttherapy2.jpg
第1回アートセラピーワークショップは、講師に、英国ローハンプトン大学大学院でアートセラピーを学び、現在は洛和会京都医療介護研究所に勤務するセラピストの戸村ゆり子さんを招き、落ち着いた雰囲気のなかで行われました。



arttherapy3.jpgこの日は14人の方が参加され、それぞれが抱く気持ちに正直になって、思い思いの絵を描いたり創作物を作ったりしていきました。テーマも設けずに、何も考えなくても絵が書き上がっていく様に、参加者の方も驚きを感じながら、とても楽しんで体験されていました。
今の自分を許し、心を開き、自由に気持ちを表現することで癒やしを得るアートセラピー。参加者の方々は、頭で難しく考えるのではなく、素直な気持ちで参加・体験することで、想像以上の癒やしを得ることができたようです。

開催後のアンケートでは、13人が「満足」、1人が「やや満足」と、全ての方に高評価をいただくことができました。
参加された多くの方に喜んでいただける結果となり、主催者としてこれほど嬉しいことはありません。今後もたくさんの方に喜んでいただける企画やセミナーを開催していきたいと思いますので、皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。心よりお待ちしております。

第2回 アートセラピーワークショップは2015年1月25日(日)に開催予定です。
詳細や、そのほかの今後開催予定のセミナーの情報は、下記のページをご覧ください。
 

(アールプランニング セミナー企画部 北村)
カテゴリー:セミナー・講演会情報 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。