2017年07月03日

中学生の職場チャレンジ体験 〜音楽療法〜

6月5日(月)〜9日(金)の期間に、将来医療関係の仕事に就きたいと夢をもった京都市立音羽中学校の2年生4人が、洛和会音羽リハビリテーション病院を訪れ、病院を支えるさまざまな職種を体験しています。

6月8日は、洛和会京都音楽療法研究センターの音楽療法士と一緒に、患者さまへの集団音楽療法を体験しました。

最初は、患者さまの間に座って「われは海の子」を元気に合唱。
その後、楽器を患者さまに配り、美空ひばりの「港町十三番地」などを歌いました。
懐かしいメロディーに心が弾みリズムに乗る患者さまと一緒に、楽しく過ごすことができました。

1.jpg5.jpg


そして、いよいよ中学生の皆さんの演奏!
曲目は「聖者の行進」です。吹奏楽部の生徒がトランペットを披露してくれました。

2.jpg

開始前に「緊張していますか?」と聞いてみたところ、「そんなに緊張していない」と落ち着いた様子でしたが、その言葉通りリラックスした完璧な演奏でした。

続いて、アルトリコーダーで「オラリー」を演奏しました。 この日のために練習してきてくれたそうです。
患者さまたちも、素敵なメロディーに聞き入っていました。

3.jpg

最後に、中学生の皆さんと患者さま全員で「故郷」を歌いました。

今回の経験が、将来の進路を考える貴重な体験になったことと思います。

2017年06月08日

中学生の職場チャレンジ体験 〜栄養管理室〜

6月5日(月)〜9日(金)の期間に、将来医療関係の仕事に就きたいと夢をもった京都市立音羽中学校の2年生4人が、洛和会音羽リハビリテーション病院を訪れ、病院を支えるさまざまな職種を体験しています。

6月6日は、患者さまの栄養管理を担っている栄養管理室で実習を行いました。
食中毒などを防ぐために食品を扱う調理室に入る手前で念入りに手洗い・消毒をして、経鼻や胃ろうから栄養を取る患者さまのために栄養剤の準備を行いました。

challenge2017a.jpgchallenge2017b.jpg

challenge2017c.jpgchallenge2017d.jpg

体験を終えた生徒さんは「いろいろな種類があるけど、1度にチューブに流すんですか?」「どのくらいの時間をかけて栄養を取るんですか?」などの質問をしており、熱心な様子でした。
今回指導を行った管理栄養士の山根は「栄養管理室での仕事は、裏方で地味に見えるかもしれないけど、患者さまの栄養を管理する病院の中で重要な役割を持っている仕事です」と伝えていました。

ほかの部署でもさまざまな体験をしていただき、今回の経験が今後の進路を考える一助になれば幸いです。

2017年05月17日

洛和会音羽リハビリテーション病院が病院機能評価認定を取得

JC2170_reha.jpg洛和会音羽リハビリテーション病院は、4月7日に公益財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価(3rdG:Ver.1.1)の認定を受けました。
病院機能評価は、国民が安全で安心な医療が受けられるよう、以下の4つの評価対象領域から構成される評価項目を用いて、病院組織全体の運営管理および提供される医療について評価されます。

  • 1領域 「患者中心の医療の推進」
  • 2領域 「良質な医療の実践1」
  • 3領域 「良質な医療の実践2」
  • 4領域 「理念達成に向けた組織運営」

これにより当院は、一定水準以上の機能を持つ病院として認められたことになります。
今後も地域に根ざし、安全・安心、信頼と納得の得られる医療サービスを提供してまいります。
続きを読む