2017年07月05日

グリーンカーテン 〜洛和会音羽リハビリテーション病院〜

7月になりました
今年は、日当たりの良すぎるリハビリテーション室のベランダにグリーンカーテンを作ろうと、作業療法士の園芸チームが奮闘しています

グリーンカーテンといえばゴーヤが有名ですが、洛和会音羽リハビリテーション病院では、たくさんの植物たちが活躍してくれています

それではメンバー紹介を行います

  • 南国のフルーツ、パッションフルーツ
    greengarden0705_01.jpg
  • 夏は冷やしておいしいキュウリ
    greengarden0705_02.jpg
  • 小玉でも存在感たっぷりのスイカ
    greengarden0705_03.jpg
  • 定番中の定番、ゴーヤ
    greengarden0705_04.jpg

それぞれの苗はとても良く育ち、競い合うかのようにネットを這い上がっています
greengarden0705_05.jpg

水やりが日課になっている患者さまや、日々の成長を楽しみにされている患者さま、果実ができるのを楽しみにされている方などさまざまです
楽しみがあると、リハビリテーション室までの足取りも軽くなります

そろそろスイカが収穫時期を迎えています
中はどうなっているかな? 赤くなっているといいな
収穫の結果は、また掲載しますね!

心配事がひとつ。
雨の少なかった梅雨前半に急成長を遂げた野菜たち…
このペースだと、8・9月の一番日差しの厳しい時期に、カーテンは終わっているかも…

続いて植える植物を、ただいま検討中です

2017年07月03日

中学生の職場チャレンジ体験 〜音楽療法〜

6月5日(月)〜9日(金)の期間に、将来医療関係の仕事に就きたいと夢をもった京都市立音羽中学校の2年生4人が、洛和会音羽リハビリテーション病院を訪れ、病院を支えるさまざまな職種を体験しています。

6月8日は、洛和会京都音楽療法研究センターの音楽療法士と一緒に、患者さまへの集団音楽療法を体験しました。

最初は、患者さまの間に座って「われは海の子」を元気に合唱。
その後、楽器を患者さまに配り、美空ひばりの「港町十三番地」などを歌いました。
懐かしいメロディーに心が弾みリズムに乗る患者さまと一緒に、楽しく過ごすことができました。

1.jpg5.jpg


そして、いよいよ中学生の皆さんの演奏!
曲目は「聖者の行進」です。吹奏楽部の生徒がトランペットを披露してくれました。

2.jpg

開始前に「緊張していますか?」と聞いてみたところ、「そんなに緊張していない」と落ち着いた様子でしたが、その言葉通りリラックスした完璧な演奏でした。

続いて、アルトリコーダーで「オラリー」を演奏しました。 この日のために練習してきてくれたそうです。
患者さまたちも、素敵なメロディーに聞き入っていました。

3.jpg

最後に、中学生の皆さんと患者さま全員で「故郷」を歌いました。

今回の経験が、将来の進路を考える貴重な体験になったことと思います。

2017年06月08日

中学生の職場チャレンジ体験 〜栄養管理室〜

6月5日(月)〜9日(金)の期間に、将来医療関係の仕事に就きたいと夢をもった京都市立音羽中学校の2年生4人が、洛和会音羽リハビリテーション病院を訪れ、病院を支えるさまざまな職種を体験しています。

6月6日は、患者さまの栄養管理を担っている栄養管理室で実習を行いました。
食中毒などを防ぐために食品を扱う調理室に入る手前で念入りに手洗い・消毒をして、経鼻や胃ろうから栄養を取る患者さまのために栄養剤の準備を行いました。

challenge2017a.jpgchallenge2017b.jpg

challenge2017c.jpgchallenge2017d.jpg

体験を終えた生徒さんは「いろいろな種類があるけど、1度にチューブに流すんですか?」「どのくらいの時間をかけて栄養を取るんですか?」などの質問をしており、熱心な様子でした。
今回指導を行った管理栄養士の山根は「栄養管理室での仕事は、裏方で地味に見えるかもしれないけど、患者さまの栄養を管理する病院の中で重要な役割を持っている仕事です」と伝えていました。

ほかの部署でもさまざまな体験をしていただき、今回の経験が今後の進路を考える一助になれば幸いです。