2019年09月04日

洛和会音羽記念病院で体液測定検査(Inbody)を導入しました

洛和会音羽記念病院では、7月17日(水)より体液測定検査装置「InBody S-10」を導入しました。

体液測定検査とは、体内の水分量・筋肉量・体脂肪率を測定する検査です。この検査を行うことにより透析時の基準体重(DW)が適性であるか、筋肉量が低下していないか判断することができます。測定方法はあおむけになり手足に電極を着けるだけで、2〜3分程度で測定でき、痛みや長時間の安静も必要ありません。

image01.png

img_inbody.jpg
体内の水分量や筋肉量が測れます

同院では、体内の水分量に基づいた基準体重の適正化、筋肉量に基づいた透析中の運動リハビリの推奨に活用していきます。透析センターとして、患者さんの適性透析およびフレイル(加齢により筋力・認知機能などが低下した状態)予防を提供できるように努めていきます。

カテゴリー:洛和会音羽記念病院 | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

洛和会音羽記念病院・洛和ヴィラアエル 合同消防訓練を実施しました

8月7日(水)に、洛和会音羽記念病院洛和ヴィラアエル 合同消防訓練を実施しました。

190807_kunren_01.jpg

訓練には医師、看護師、介護士、事務スタッフなど20人が参加しました。

消防隊員から教えていただいた「1. 消火する 2. 逃がす 3. 逃げる」の三つのキーワードを念頭に、洛和ヴィラアエルの台所から出火したという想定のもと、初期消火訓練、避難誘導訓練、消防署への通報訓練に取り組みました。

190807_kunren_02.jpg

「訓練即実践」を合言葉に、緊迫感のある訓練ができました。普段から消火器、非常階段の位置確認を職員一人一人が意識して行い、過ごしていきたいと思います。

190807_kunren_03.jpg

洛和会音羽記念病院では消防訓練を毎年2回、実施しています。
これからも継続して実施し、入所者さんや来院される方々の安全確保に努めていきます。

カテゴリー:洛和会音羽記念病院 | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

重井医学研究所附属病院より病院見学に来られました

6月13日(木)、岡山県の重井医学研究所附属病院より医師、看護師2人、臨床工学技士の4人が、洛和会音羽記念病院の患者受け入れシステムを学ぶため、同院を見学されました。

午前に同院の経営管理部 事務長の花山より病院概要を説明し、その後、患者受け入れシステムの肝となる送迎部門を見学されました。

午後からは、CE部 課長の垣谷より透析室とCE部の役割について説明後、透析センターや手術室などを見学をされました。

実際に現場で働くCE部のスタッフも交流させていただき、有意義な時間となりました。

190613_kinen_kengaku.jpg

カテゴリー:洛和会音羽記念病院 | 更新情報をチェックする